2017年07月24日

ツケットモンスター。

私の考えたキャラクター「ツケットモンスター」。
略して「ツケモン」。

発酵シティで繰り広げられる、ツケモンバトル。

美味しいツケモンになるために、
日々闘いを続ける物語。

ツケモンマスターをめざすサトジは、
3匹のツケモンを育てている。

「タカナー」「ノザワナー」「フルヅケール」

今日も、バトル開始だぜ!

敵は、「タクアーン」。

タカナーの先制攻撃は、“包み込む”だ。
タクアーンをぐいぐい締めつける。

早くもタクアーンの負けか。

イヤ、タカナーの色が変わり始めた。
黄色くなっている。

おっと、これはタクアーンの“甘い汁”だ。

敵がどんどん甘くなり、
力を無くしてしまう攻撃だ。

タカナーは、タクアーンを離してしまった。

ここでサトジは、タカナーを休ませた。

「次は、君に決めた! いけ、ノザワナー!」

ノザワナーの攻撃は、“包み込む”だ。

タカナーと一緒かい!

やっぱり、“甘い汁”にやられそうになる。
でも、負けないぞ。

ところが、ここでタクアーンは、
自分の体を刻み始めた。

そこに、ごまをまぶしたぁ〜。

ノザワナーに一斉攻撃だ。

イ、イタイ!
ごまが、入れ歯に挟まって、ごはんが食べられない。

「戻れ、ノザワナー!」
「いけ、フルヅケール!」

フルヅケールの攻撃は、“縁側で寝る”だ。

これでは、晩ごはんまで、まったく動かないぞ。

サトジのツケモンは、タクアーンに負けた。
涙を流すサトジ。ポトリッ!

この涙が、ツケモンたちにかかったその時、
ツケモンたちの進化が始まった。

「タカナー」は「タカビー」に。
「ノザワナー」は「ノザワナチー」に。
「フルヅケール」は「クサイー」に。

サトジの涙に含まれていた塩分が、
ツケモンにパワーを与えたのだ。

あぁ〜、ええ塩梅(あんばい)や。

ちゃんちゃん!

ま〜た、脳を無駄に使っちまった。

posted by 遊酔 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ダジャレボケ。

突然やけど、さまようペリカンって、
鯖読むペリカンに似てるなぁ〜。

似てる、似てる!

何やねん、鯖読むペリカンて?

今日の獲物は、鯖が6尾かぁ。まぁまぁだな。
と言っている、ペリカンのことです。

へっ?

海で漁をしているペリカンは、見たことがないけど。

かと言って、川にいる
実物のペリカンも見たことないけど。

じゃあ、湖はと言うと……。

もう、ええ! ←あなたの声を大便しました。

おぉ〜、今日のはデカイ! って、下ネタかよ!
しまいには、怒られるで。

くわばら、くわばら!

どちらさんですか?
隣の和子おばちゃんです。
どうぞ、お入り。
ありがとう。

それ、桑原和男!

ええ加減にせな、しばきまわすぞ、わ〜れ〜!

これ、誰のギャグ?

古いことばかり言って、あなたの心に、
おじゃましまんにやわっ!

竜じいかい!

それではみなさま、ごーきーげーんーよぉ〜!


どうも今日は、書くことがナイチンゲール。

頭が働かナイジェリア。

何かネタをさがソーセージ。

あっ「佐賀ソーセージ」って、面白いかも。

キャンペーン「佐賀ソーセージを探ソーセージ!」。

何言うとんねん!

適当に書いたら阿寒湖。

こういう言葉ボケをする場合は、
国名なら国名、食べ物なら食べ物で、
統一しなければいけません。

でないと、ウケません。

わかりましたか?

ハ〜イ! 反省してマンモス。

わかっとらんなぁ〜。

えへっ、照れるやないかい。

誉めてへん!

あかん、今日はこれくらいで勘弁しといたら。

ありがとう、浜村淳です(関西ローカル)。

ほんまに、あかんわ。

posted by 遊酔 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

タッチの替え歌を創りました。

あだち充原作アニメ「タッチ」の
主題歌の替え歌を作りました。
イントロからです。

歌ってみると、笑えるよ。


♪(びんぼ、びんぼ、びんぼ、びんぼ。
  びんぼっぼ、びんぼ、びんぼ。
  びんぼ、びんぼ、びんぼっぼっぼ。
  あ、やだやだやだ。)

 ごはんを炊いて、梅干しのせて、真剣な眼をしたから。
 そこから何も言えなくなるの、
 だって、びんぼう。(キューン)

 きっと、愛する肉に、いつかは逢える。
 信じて、待っていようね。
 そっと、涙が、こぼれてる。(ポタッポタッタ)

 すれ違いや、まわり道を、あと何回すぎたら、
 お肉とふれあうの。
 お願い、来て、来て、うちに来て、お肉さま、ぜひ!

 手をのばしても、届かないの。
 あの、肉汁(にくじゅう)の、遠い記憶が。

 (足りない、足りない、お金が足りない。
  まったく、ないない。ガクッ!)♪


どう?

何を考えてんだか?

posted by 遊酔 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

私のチャレンジ精神。

いろんなモノを壊して、
もう一度組み立てて遊ぶ子どもは、天才になります。

いろんなモノを壊して、中を見たらそれで納得して、
そのまま放置してしまう子どもは、
大人になると、私です。

だって、中を見たかったんだもん。

組み立てる興味は無かったの?

ハイーッ!

お腹の中に、“知りたい虫”がいるんです。

どうなっているんだろう? どうなるんだろう?

「ゾウが踏んでも壊れない、アーム筆入れ」も、
ほんとかなぁ〜、と思ったんで、
踏んでみたら、バキッと割れてしまいました。

この時かもしれません。
テレビの言うことはウソが多い、と確信したのは。


スプーンも曲がらないし、空中浮遊もできないし。

傘はパラシュートの代わりには
ならないこともわかりました。

地獄ぐるまは、眼がまわるだけだし。

秘打・白鳥の湖は、ボールに当たりません。

ジャンプして、エビぞって、球を投げるなんて、
時間的に無理だしね。

コンパクトに、テクマクマヤコン
と言ってみても、変身しない。

夜中の2時に、鏡に手を当てても、
中には入れません。

コックリさんをしても、5円玉が動かないので、
私が動かしました。

足を早く動かせば、
水の上を走れるなんてことはありません。
ずぶ濡れになるだけです。

早く動けば、分身の術ができると言うけど、
人間の能力を超えています。

鉛筆を振って、
「ほら、曲がってる」と言うのが、関の山です。


いろんなことにチャレンジしてきましたが、
成功することはありませんでした。

こんなバカなことに時間を費やすくらいなら、
他のことに眼を向けた方が、
もっと大きな人間になれたかもしれません。

でも、私は楽しかったんです。
一所懸命に遊んでいました。

これは、私の財産だと思っています。

何もせずに、
「そんなことはできない」と言っていては、
何も始まらないんです。

バカなことでも、やり始めれば、
そこに何かが見えてくるかもしれません。

さぁ、始めよう!
レッツ、ビギン!

♪タラタターターターター
 タラタターターターター
 君は 何をいま 見つめているの〜♪

石橋正次の彼女役の人が、可愛かった。

posted by 遊酔 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

たこ焼き大食い大会。

イナバウアーをやろうとしたら、身体が固くて、
ただのおじやん体操になった。

もう少し、とがんばったら、
棒っきれのように転がりました。
歳には勝てんわい。

イナバウアーと聞くと、
聖帝サウザーを思い出すのは私だけ?
北斗の拳ですよ。

あーたったったったっ、たったったぁ〜。
足ツッタァ〜!


話はまったく変わります。

先日、たこ焼きを作ったんですよ。

次から次へと、焼いては食べて、食べては焼いて。

さて、わが家の3人は、
いったい何個のたこ焼きを食べたのでしょう?

チッチッチッチッ………………………………
……………………………………………………
……………………………………………………

正解です(中にはいるでしょう)。

な、な、なんと、215個。
アホちゃうけぇ〜!

おどろき、桃の木、轟二郎。(すんません、ベタで)

なんで、3人で215個も食べるんよ。頭おかしいでぇ。

そんな言い方って、ないと思うわ!
(若井こずえ・みどり)

中に入れたのは、たこ・ソーセージ・チーズ・
紅しょうが・天かす・ねぎ。

たまに、ねぎをたこ焼きの上にのせて、
マヨネーズを細くたらしたのですが、これがまた、旨い。

マヨネーズを細くたらすために、
100円ショップで容器を買ったぜ、ベイビー!
(森山周一郎風に決めてくれ)

って、いちいち読者にやらすなよ。ごめんて!

ソーセージが、特に旨いのです。
脂の多い、安いソーセージがいいです。

じゅんわぁ〜とお口の中に脂が広がって、江守徹。
じゃなくって、えもいえぬ味わいです。

「江守徹」と「えもいえぬ」って、似てるなぁ。

ハイーハイッ!

こんなんばっか考えている私って、セクシー?

何言うとんねん。

セクシーと言えば、桑名正博。
♪セクシャル、バイオレッ♪

もう、ええわ!

posted by 遊酔 at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする