2020年05月01日

あぁ、冷やご飯の美味しさよ。

さんまの蒲焼き缶詰の汁を冷やご飯にかけたら、
めっちゃ旨いということを知っている、
元カギっ子です。

いまでも炊きたてご飯より、
冷やご飯の方が好きです。
米の味がよくわかるからです。

玉子焼きにマヨネーズとしょうゆをかけて、
その混ざったマヨネーズしょうゆを
切った玉子焼きにつけ、
冷やご飯にちょんちょんとつけて食べると、
どれだけ旨いか。

そう、玉子焼きは食べずに、後のお楽しみです。

マヨネーズしょうゆご飯は、無敵最強なんです。

私は、これで育ったと言っても過言ではありません。

その亜流としては、
白菜の漬物にマヨネーズしょうゆをかけ、
ぐちょぐちょして、
白菜についたマヨネーズしょうゆを
ご飯にちょんちょんすると、これまた旨いんです。

漬物は、後のお楽しみ。

また、かまぼこにマヨネーズしょうゆをかけ、
ぐちょぐちょして、
かまぼこを使ってご飯にちょんちょんすれば、
これも旨い。

かまぼこは、後のお楽しみ。

全部、マヨネーズしょうゆやないか〜い!

ピンポ〜〜ン! 正解です。

マヨネーズとしょうゆだけでいいんです。

で〜もぉ〜、後のお楽しみがちょっと違うだけで、
残しておく嬉しさがあるんです。

後で食べる玉子焼き。後で食べる白菜の漬物。
後で食べるかまぼこ。

お楽しみの種類は、いろいろできます。

これなら、毎日冷やご飯でもオッケー!

まっ、最近は文明の進歩によって、
冷やご飯を作る方が面倒だけど。

あ〜あ、文明なんてヤダヤダ。

何でも進化させるんじゃねぇ〜よ。

最近の駅弁なんて、発熱機能をつけて、
温かいものが食べられるようになっています。

駅弁は、冷めても旨いもんが、
優れた駅弁やないかい。

温かいもん食べたいんやったら、店で喰えよ。
駅弁に温かさを求めるなよ。

そう言えば、最近、駅弁食べてないなぁ〜。

電車で旅行をしないからなぁ〜。
車でもしてないけど。

ガーァークゥ〜〜〜〜ン!

posted by 遊酔 at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月24日

老人ホームで披露するぞ!

ちょっと古いけど、
かっぱ寿司のテーマ曲で唄ってください。

♪ちんこ ちんこ ちんこのマークの
 しょんべん小僧寿司♪

ちんこ言うても、子どものやで!
大人のは……

もう、ええ!

ご、め、ん、な、さ、いぃ〜〜〜〜〜!

反省してんのか?

まったくしてなぁ〜い。

下品な言動をお許しくだされ、妙心どの。
行かねばならぬ、行かねばならぬのじゃ。トイレに。

またかいや。1日に何回行くねん!

しゃーないやん。歳やねんから。

そうだ、こんな時には、ハルンケアを呼ぼう!
じゃなくて、飲もう!

こないだなんか、
あまりトイレに行かないように我慢して、
貯めまくったオシッコを30秒も出し続けたら、
飽きてきました。

飽きるとかっていう問題か!

い、いかん。下ネタばかりだ。

群馬県の町の名前か?

それ、下仁田!

話を変えて……。


ビタミン剤を舌の上にのせて、
大きな声でしゃべったら、
阿藤快のモノマネができました。

やったぁー、レパートリーがひとつ増えたぞ。

いずれ入るであろう、老人ホームで披露してやる。

待ってろよ、じいちゃんたち、ばあちゃんたち。
絶対に笑わせてやるからな。

たぶん、待てないと思うけど。

どっひゃ〜!


久々に劇団ひとり、じゃなかった、
いっこく堂をテレビで見たら、やっぱスゴイや。

マネして、口を動かさずに、
松山千春の歌を唄ってみたら、
これがあ〜た、できたのよ。

やがて通うであろう、
デイサービスで唄ってやるからな。

待ってろよ、じいちゃん、ばあちゃん。

待たれへんって。

posted by 遊酔 at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

両手使いで和歌を詠む悟空さん。

中華料理店で、炒飯とラーメンを食べる時、
右手にレンゲを持って炒飯を食べ、
左手に箸を持ってラーメンを食べています。

まわりから見たら、きっと変なおじさんです。

両手で箸が使えるのは便利ですよ。
みなさんも練習しよう!

ところで、鞆の浦と聞くと、
「鞆の浦 ふりさけみれば 春日なる
 三笠の山に いでし月かも」
と出てきます。

田子の浦と聞くと、
「田子の浦 ふりさけみれば 春日なる
 三笠の山に いでし月かも」
と出てきます。

一緒かい!

おやぁ〜〜〜?

調べてみると、
「天の原 ふりさけみれば 春日なる
 三笠の山に いでし月かも」
が正解でした。

ぜんっぜん違うやん!

私って、ほんと適当。

人生も適当だね。

いやぁ〜照れるやないかい。

誉めてへん!

何で百人一首とか和歌を勉強するんでしょうか。
何の役に立つんでしょうか。

興味のある人だけがやればいいじゃん。

そんな古いことより、
近代・現代をちゃんと教えて欲しいもんです。

まっ、私の場合、
何を教えられても聞いてませんけどね。
ア〜ッハッハッハ!

とにかく勉強が嫌いでしたからね。

そんな私ですが、いまではすっかり勉強嫌い。

そのまんまかい!

人間、そんなに変われるもんじゃありません。

話は次々に変わります。

ハンマー投げの室伏広治と
ドラゴンボールに登場するダーブラは、
同一人物でしょうか。

そう言えば、ドラゴンボールは終わりましたが、
コナンはいつまで続くのでしょうか。

早く終わってくれよ。見てないけど。

サザエさんは、いつ海に帰るねん?

ちびまるこに出てくる山田笑太は、
おそ松くんのハタ坊とキャラが同じやん。

話が古過ぎて、わかりませんよね。

えっ、それより話が飛び過ぎて、
何を言いたいのかがわからない?

それは私も同じです。キッパリ!

コテッ!

posted by 遊酔 at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

冷やしうどんをわさびで食す。

冷やしうどんを食べるために、つけづゆを作ろうと、
自家製めんつゆを水で割って、………ゲロゲロッ!

研ナオコの「あばよ」だった。

♪明日も今日も留守なんて
 見えすく手口使われるほど
 嫌われたなら しょうがない〜♪

そう、しょうがが無かった。
仕方が無いので、わさびにした。

posted by 遊酔 at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

立ち食いそばの夢。

もう何年、立ち食いそばを食べていないのだろうか。

だしの香りに誘われて暖簾をくぐると、
そこには小さな幸せを漂わせる、男たちの背中。

空いた場所にそっと立ち、
メニューをほんの5秒だけ見る。

天ぷら。いや、高い。
俺はまだ、そんな身分じゃない。

月見かきつねだ。
おにぎりを頼むなら、かけそばになる。

こういうところのおにぎりは、格別に旨い。
う〜む、悩む。

そんな時間が好きだった。

大阪に住んでいた、独身時代。

でも、いまは山の中住まい。
駅まで行くのに、車で30分。

まっ、行っても、
立ち食いそばなどありゃしないけどね。

ええい、仕方がない。
そばを作って、庭で食べるか。

景色はいいけど、なんだか虚しい。

もし、庭で“立ち食いそば”をしたら、
どうなるか?

「○○さんのだんなは、病気なんかのぉ〜」
という噂が町内中に広まって、
親しい人たちが駆けつけてくるだろう。

それが、田舎です。
だから、できない。

せめて、座って食べれば、
「変な人だ」で済むかもしれません。

でも、私は立って食べたい。

それなら、好きにしはったらよろしいやん。

あんた、冷たいね。

最近は、立ち食いそばも進化しているそうですね。

「冷やしオクラとろろそば」や「鶏ごぼうそば」、
「春菊天そば」「ほうれん草そば」
などもあるそうです。

ちょっと前には、
フライドポテト入りが話題になりましたよね。

た、食べたい!

実に面白そうです。

食べることを考えると、「都会はいいなぁ〜」と、
田舎者になってしまいます。

でも、住むのは田舎がいい。

う〜む、生野菜。

違う!

悩ましい。

あっ、私、生野菜サラダが好きですよ。

若い女性のように、あるいは牛のように、
ガサゴソ食べてしまうんです。

静かに食べろ!

はぁ〜〜〜い!

そう言えば、立ち食いそばで
天ぷらを食べたことがないよな。

うわっうわっうわっ、あかん!

天国に行く前に、地獄かもしれんけど、
天ぷらそばを食べとかな。

よし、大阪に行こう!

posted by 遊酔 at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

冷たい私。

ココアに黒こしょうを入れている
カフェがあったので、マネしてみたら、
口がヒィーヒィーするだけでした。

入れ過ぎやっちゅうねん!

でね、ココアが無くなったので、買いに行ったら、
安っすい大豆ココアがあったのね。

これでいいかぁー、
と無理やり思い込んで、買いました。

そしたら、南斗水鳥拳のレイだ。

マズいったら、ありゃしない。

大豆を粉にしたものにお湯を注いだような味。

まんまかい!

もうちょっと味、なんとかならんのかい!

しゃーないので
(しゃー、って言うても、赤い彗星ちゃうよ)、
飲み続けています。

まっ、食物繊維でお通じが良くなるから、いいか。
って、これ以上良くならんでもええねんけどね。

ダダ漏れになってしまうがな。

おっと、お食事中の方は、想像してね。

おいっ!

なんで、ココアを飲んでいるのかと言うと、
最近、朝一番のコーヒーが、
胃にこたえるんですよぉ〜。

なぁ〜にぃ〜。やっちまったなぁ〜。

歳のせいかも知れま先生、先生、それは先生。

思考回路がやられています。

しかしまぁ、なんですね。

世の中には、
まだまだ知られていない動物がいるもんですね。

ムササビは、手と足の間に
空気カキ(?)がついていますが、
首と手、手と足、足とシッポの間すべてに、
空気カキがついている動物がいるんですよぉ〜。

なぁ〜にぃ〜。やっちまったなぁ〜。

やってへん!

そう、360度広げることができ、
140メートルも飛ぶことができるんです。

うらやましい。

こんなのがついていたら、
嫁はんを暖かく包んであげられるのに。

何、言うとんねん。

そうそう、嫁はんに抱きつこうとすると、
「あんたが近づいたら寒いから、寄ってくんなよ!」
と、大阪弁で言われます。

心が寒い………

どうも私の身体は冷たいようです。

私は自分に抱きついたことが無いので、
わかりませんが。

で、その動物が飛んでいる姿は、円盤のようです。

はっはぁ〜、UFOの撮影に成功したっていう映像は、
こいつとちゃうか?

アホか!

へへっ、照れるやないかい!

どうして私は、毎回毎回こんなバカな話ばかり、
書いているんでしょうか。

頭に浮かんでくることをそのまま書いていたら、
こうなるんです。

つまり、自然な姿の私をご覧いただいている、
ということです。

しゃーないんです。

しゃー、って言うても、赤い彗星ちゃうよ。

もう、ええ!

posted by 遊酔 at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月20日

幼なじみとの想い出。

我が家の珍犬コロンと散歩をしていると、
コンクリートのフタつきの溝の中に、
何か動物がいることをコロンが察知。

ひっしのパッチで追い掛けますが、
中には入れません。

隙間をクンクン匂いながら、
あっちこっち丁稚しますが、
どうにもなりません。

私の住んでいる地方では、
溝のことを「みどんこ(みぞんこ)」と言います。

みぞんこは、ミジンコに似ています。

小学生の頃、本田君が金魚のエサにする
ミジンコを獲りに行くので、
よく連れて行かれました。

ふたりでヘドロだらけの川に入って、
魚を獲ったり、食用カエルを釣ったり、
カメを捕まえたりしていました。

結構都会だったので、小川なんてありません。
生活排水の流れる、ババちい川です。

周辺でそんな遊びをしているのは、
私たちふたりだけでした。

本田君は、いま頃どうしているんだろう。
もう、いくつになったんだろうか。

私より1歳上ということだけはわかっていますが。

コテッ!

ちなみに丸井君は、お金持ちの子どもだったんで、
そんな遊びはしませんでしたけどね。

誰やねん、それ?
って言うたら、本田君って誰やねん?

ふたりとも近所に住む、お友だちです。

本田君は1歳上ですけどね。

わかってるわ!

丸井君は本田君と同級生で、
偶然にも私より1歳上です。

わかるわ!

平田君のおうちは、お風呂屋さんの隣で、
私が住むアパートの2階の窓からは、
女湯の窓が見えていました。

嬉しかったです。

平田君は本田君より1歳上で、
なぜか私より2歳上なんです。

もう、ええ!

平田君とはあまり遊びませんでしたが、
小学4年になった時、
近くに住む古角君と同級生になりました。

たぶん、1年、2年、3年も
同級生だったんでしょうが、
4年生になった時に同じクラスに
なったということです。

古角君とは、
よく一緒にお風呂屋さんに行きました。
4時の開店と同時に入るんです。

地味な小学生やなぁ〜。

古角君は、ちん○んを足で挟んで、
「女の子!」と言っていました。

私は、非常に驚いたことを憶えています。

ものすっごく感心したと言うか、衝撃的でした。
なるほどぉ〜! です。

その時の光景が、いまも頭から離れません。

離れろよ!

楽しかった、あの頃。
でも、いまもその延長線上にいるだけのような……。

進歩しろよ!

posted by 遊酔 at 11:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする