2017年12月31日

猿世紀末最強敵伝説。

近頃は、山にエサが無いのか、
シカ、イノシシ、タヌキ、サルが、
畑をよく荒らすようです。

そう言えば、今年はちょくちょくサルを見掛けます。

でも、サルは私を見ると、すぐに逃げます。

昔、京都の嵐山でサルと闘い、
私が勝ったことを知っているのでしょうか。

もしかしたら、私はサルの間では
伝説の人間なのかもしれません。

「猿世紀末最強敵伝説」。

♪パパパパパァ〜ン パパパパパッ パパパパパッ

 チャラッチャ〜ン チャ チャララ チャラララ
 チャーンチャーン チャーン チャッチャ

 you are サル 俺の瞳 恐くなる
 you are サル 俺の力 逃げ出すぜ
 熱い心 クサリでつないでも サルは逃がさない
 邪魔するシカは 無惨に鍋になるはずさ

 俺への恨みはらすため 京都を旅立ち
 冷静さを見失った
 微笑み忘れたサルなど 見たくはないさ
 笑顔を取り戻せ ♪

ほな!

posted by 遊酔 at 09:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

俺の魂の叫び。

俺の魂の叫びを聞いてくれぇ〜!

♪俺の燃えたぎる 熱いハートを
 ワシづかみにしてゆくタカ
 ハトはハッとして 前にスズメ
 髪が抜けて ツルになる
 青春するのは ヒバリーヒルズで
 踊らにゃ損は アホウドリ〜♪

思いついただけ。

おっと、deleteするのは、早いぜ、ベイベー!
これからが本番だぜぇ。

本番と言えば、秋本番です。

いまは冬だけど。

朝そよぐ風は、
私の火照った心を静かに冷やしてくれる。

夏の火傷は、季節の移り変わりとともに、
急いで元に戻ろうとしている。

これでいいんだ、とわかっている。
私の瞳が、夏の風景を洗い流そうと頑張っている。

すべてを流したいはずなのに、
朝の風が、瞳を拭ってしまう。

私はいったいどうしたいの。
誰が教えて。


メルヘンだんなぁ〜、ポエムでんなぁ〜。

寒さで脳が固まりそうです。

そうだ、こんな時はウルトラマンを呼ぼう!

ピロピロピィ〜、ピロピロピィ〜、ピロピロピィ〜!

しもた、マグマ大使を呼んでもた。

まぁ、ええか!

posted by 遊酔 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

年の差。

年の差を感じる時。

「ミスター梅介って、懐かしいなぁ」

と言ったら、ぽかぁ〜んとした嫁に、

「誰、それ?」

と言われた時。

8歳差の嫁はんとは、話がしづらい。


年の差を感じない時。

「3人娘は、人気があったなぁ」

と80歳過ぎのおじやんに言われて、すぐに、
美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみ
の顔が浮かんだ時。

私は、江利チエミのSP盤レコードを持っている。

この前なんか、71歳のおっちゃんと
万博の話で盛り上がった。

昭和の古い話なら、任せとけ。

まぁ、今日はこれぐらいにしといタロウ、
ウルトラマン、ナンバーシックス!

ウルトラの父とウルトラの母の実の子は、
タロウだけです。

posted by 遊酔 at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

テレビ公開捜査。

おかあちゃん、帰ってきてぇなぁ〜。

よしこぉ〜、わしが悪かった。
浩一も順子も待ってるさかい。

もう、酒もバクチもやめる。
まじめになって、お前に苦労はさせん。

頼む、帰ってきてくれ。

おかあちゃ〜ん!

こちらは、よしこさんの写真です。当時31歳。

銭湯へ行くと言ったまま、帰ってきていません。

これだけ長い間、お湯に浸かっているのは大変です。
一刻も早く出ないと、のぼせます。

この際、コーヒー牛乳を飲む時間は差し上げます。
だから、飲み終えたら、帰ってあげてください。

ご主人と子どもたちが、
晩ごはんを作って、待っています。

また、よしこさんを銭湯で見かけた方は、
「のぼせるよ!」と、ひと声かけてあげてください。

ご連絡はこちらまで……。

posted by 遊酔 at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

国民総幸福量の追求。

ブータン国王の姿を見ると、
叫んでしまう言葉があります。

「元気ですかぁー!」

ぜひ、言って欲しいと思います。

あのガウンの下は、パンツ一丁だろうか?

んなわけないがな!

それに、あれガウンちゃうし。

ええぇ〜そうだったの?

国民総幸福量(Gross National Happiness)かぁ〜。
なるほどなぁ〜!

理想的だよなぁ〜、と思ってみても、
それは日本でできることじゃないし。

いまさら、引き返すことはできないんだよ。

一度味わった贅沢は、
忘れることができないのだよ、坊や!

そんなことはない! きっとできる!
僕はそう信じたいんだぁ〜!

青いな。
だが、私はその青さを大切にして欲しいと思う。

あんたは一体誰なんだ?

姓は丹下、名は左膳。
人呼んで、フーテンの寅と発します。

♪どうせおいらは やくざな兄貴〜♪

アキラァー!
と言っても、デビルマンちゃうで。
水谷豊やで。

何を書いたらいいのかわからないので、
適当に書いてます。

真剣に読まないで。

えっ、真剣に読んだことないわよ!

あらっ!

posted by 遊酔 at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする