2019年03月06日

大阪のガキは最強。

金子みすず童謡集「わたしと小鳥とすずと」より。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「こだまでしょうか・大阪編」

こだまでしょうか。

「遊ぼう」っていうと
「ええけどぉ〜」っていう。
 
「ばか」っていうと
「ばかっていうもんがばかやろ!」っていう。
 
「もう遊ばない」っていうと
「べつにええもん!」っていう。
 
そうして、あとで
さみしくなって、
 
「ごめんね」っていうと
「わかったらええねん。まっ、ゆるしといたろ」
っていう。
 
こだまでしょうか、

いいえ、まったくちがいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪の幼稚園児なら、きっとこう答えるでしょう。

実に洗練された受け答えです。

相手が幼稚園児だからって、決して迎合しない姿勢。

単純に「ばか」って返すのではなく、
相手の本当のばかさ加減を
論理的に説明している知性。

「別にええもん!」と言うのは、
遊び相手は他にもたくさんいる、
という、交際範囲の広さを語っています。

そして、相手が非のあることを認めたことに対して、
“わかればいいんですよ”という寛大な心の持ち主。
人間の大きさが表れています。

大阪の幼稚園児は最強です。

この頃から漫才をやっていますし、
ボケ&ツッコミ、ノリ&ツッコミなどは、
すでに身につけています。

そんな子どもたちが大人になり、
大阪の街を歩いているのですから、
どこに行っても笑いが絶えません。

それが大阪。浪速の商人や!

商人ちゃうけど。

ほな、疲れてきたので、この辺で。

posted by 遊酔 at 09:29
"大阪のガキは最強。"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。