2017年09月14日

私の音楽生活。

AKB48では、篠田麻里子ちゃんのファンでした。

と言っても、私はおニャン子が限界です。

モーニング娘。もいまいちわかんなかったし。

ハッキリとわかるのは、
かしまし娘、ちゃっきり娘、
フラワーショウぐらいです。

って、ジャンルが違うがな。
時代も思いっきり違うし。

音楽関係で女性のグループというと、
一番には、ゴールデン・ハーフを思い出します。

「黄色いサクランボ」です。
マリアが好きでした。

次に、スリーディグリーズ。
黒人のおねえちゃん3人組です。

しぶいねぇ〜、遊酔ちゃん。

最近では、デスティニーズ・チャイルド。
ビヨンセがいるグループです。

なっ、おっちゃんも知ってるやろ。

でも、もう解散してるよ。

えぇ、そうなん?

男性グループで思い出すのは、
ダークダックス、デュークエイセス、
クールファイブ。

グループサウンズの人が出てこないところが、
新人類やろ?

えええぇぇぇ〜〜〜〜!

それに、新人類って言葉もおもクソ古いし。

ほんなら、新しいグループも言うたろか。

ん〜と、え〜と………フォーリーブス。

古いがな。

そしたら、ずうとるび。

座布団、1枚!

一世風靡セピア。

そいや! 青島〜!

まぁ、この辺で勘弁しといたら。

元々音楽には詳しくないし、
誰かのファンになった記憶もありません。
でも、聴いています。

歌詞は頭に入ってこないけど、音を感じています。

心が欲しているんです。
パソコンの向こう側にいる、あなたを感じたくて。

何、言うとんねん!

それほど熱心じゃないけど、
ちょっとずつCDも増えています。
全部中古やけどね。

CDって……。

ドリカムもあれば、一青窈もあります。
ZARDもありますよ。

坂井泉水という文字を見ると、
『幽☆遊☆白書』の仙水忍を思い出すのは、私だけ?

だいたひかるは、どこに行った?

どーでもいーいですよー。

posted by 遊酔 at 08:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

医師と患者の会話。

先生「どうしました?」

患者「頭がいたいんです」

先生「そんな風には見えないですけどねぇ」

患者「見ためではわからないでしょ」

先生「えっ、どう見ても、頭は1つですよ」

患者「先生、頭がいっぱいじゃなくて、頭が、い・た・い」

先生「なんだ、最初からそう言えばいいのに」

患者「そう言ってますよ」

先生「どんな風に痛いんですか」

患者「なんかこう、ガンガンするんですよ」

先生「それは検査してみないとわからないですよ。
   ガンかどうかは」

患者「そうじゃなくて。痛さを言葉にすると、
   そんな感じなんです」

先生「なんだ、そう言えばいいのに」

患者「だから、言ってますって」

先生「で、何か飲みました?」

患者「ええ、痛み止めを」

先生「ほう、ソーミンチャンプルーですか」

患者「へっ? 何を言ってるんですか。痛み止めですよ」

先生「あれは美味しいですね。私も好きです」

患者「痛み止めが?」

先生「沖縄の料理ですよね。炒めたソーメンでしょ」

患者「炒めたソーメンじゃなくて、い・た・み・ど・め。
   く・す・り!」

先生「よくしゃべる人だなぁ」

患者「違うでしょ。先生が変なことを言うからですよ」

先生「ソーメンじゃないんですか」

患者「当たり前でしょ。何でソーメンの話をするんですか」

先生「それで、どうしてほしいんですか」

患者「そりゃあ、直してほしいですよ」

先生「へぇ〜、結構真面目なんだ」

患者「そういう問題じゃないでしょ。
   痛けりゃ、直してほしいですよ」

先生「なんか人間みたいなことを言いますね」

患者「人間ですよ」

先生「えっ、そうだったの? また宇宙人に似てるから」

患者「先生、宇宙人見たことあるんですか」

先生「めっそうも無い」

患者「何ですか、それは」

先生「教科書に載ってました」

患者「どこの教科書ですか」

先生「兵庫県尼崎市水堂小学校3年の教科書です」

患者「絶対にウソだ」

先生「ウソです」

患者「もう、いい加減にしてください。早く直してくださいよ」

先生「これは、入院が必要ですね」

患者「えぇ、検査も何もしてないのに?」

先生「そうですよ。その方がうちも儲かりますから」

患者「何を言ってるんですか。ちゃんと見てくださいよ」

先生「仕方ないなぁ〜、だれだれ」

患者「どれどれ、でしょ!」

先生「ほう、これは頭痛ですねぇ」

患者「最初から、そう言ってますよ」

先生「何か飲みました?」

患者「だから、頭痛薬ですよ」

先生「えっ、さっき痛み止めって言ったでしょ」

患者「同じですよ」

先生「私は、そういうの、嫌いです」

患者「何でもいいじゃないですか」

先生「イヤだ!」

患者「子どもか! わかりましたよ。痛み止めですよ」

先生「その投げやりな態度がイヤだなぁ〜」

患者「ハイハイ。痛み止めです」

先生「ソーミンチャンプルーですね」

患者「もう、ええわ!」

posted by 遊酔 at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

浦島太郎は大嘘。

昔々あるところに、
浦島太郎という若い男がおったそうな。

浦島という名字がついているので、
それほど昔ではないかもしれない。

太郎が海岸を歩いていると、
カメが子どもたちにいじめられていた。

本当にそんなことをするだろうか。
子どもなら、カメを見つけたら喜ぶと思うけど。

見かねた太郎は、いじめの根源を絶つために、
子どもたちをボコボコにして、カメを助けた。

カメはそのお礼に、
太郎を竜宮城に連れて行こうとした。

カメの背中に乗った太郎は、
海の中へと入っていった。

でも太郎は、海女さんじゃないので、
1分しか息がもたず、すぐに上がってきた。

だからって、海女さんなら
竜宮城にたどり着けるのかと言うと、
それも無理だけど。

太郎は、あやうく天国に行くところだった、
とカメを恨んだ。

カメは、人じゃないけど、
人の好意を無にしやがって、と太郎に怒っていた。

それからふたりは、二度と会うこともなく、
それぞれの人生を歩いていったのだった。


だから、玉手箱をもらったり、
おじいさんになったり、
後に鶴になったというお話は、
フィクションなんです。

呼ばれて、飛び出て、ジャジャジャジャ〜ン!

それ、ハクション!

ヒックション!

それ、カトちゃん!

浦島太郎は、大嘘つきが作ったお話だったんです。

何を言ってんだか。

posted by 遊酔 at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

宇宙人は存在する。

火星探査や小惑星探査、
宇宙ステーションの建設などが進んでいます。

夢や遠い未来のために、
お金をつぎ込むのは必要なことかもしれないけど、
明日のごはんの心配をしなければいけない人を
助けることが、先なんじゃないかと思います。

宇宙探査や宇宙ステーションを作るお金があるなら、
特別養護老人ホームや保育所、病院を作れ!

どれだけ多くの人が困っているんだ。

宇宙人を見つけたからって、
宇宙人が老人ホームや保育所を作ってくれるか?

まぁ、ピラミッドは宇宙人が作った
という説があるので、できるかもしれないが、
許認可の問題もある。

耐震構造の基準を知らないからなぁ〜。

って、そんな話じゃな〜い!

宇宙人が病気を治してくれるか?

私の知り合いの火星人は、治せるらしいけど。

おいっ!

そうそう、出雲大社にあったとされる
「大社(おおやしろ)」は、
宇宙人が作ったそうです。

証拠の絵も残っています。

ナスカの地上絵も宇宙人が描いたしね。

♪にょけいにゃ もにょにゃにょ
 にゃいにょねぇ〜♪

それ、チャゲ&飛鳥! わからんし!

ストーンヘンジを作ったのも宇宙人。

あのカタチは、太陽の光や星座と関係ある
とか言ってるけど、何かを建てようとして、
途中でやめただけだと、私は思っています。

他にも、人間には作れないようなものが
世界中にあります。
それらを作ったのは、宇宙人です。

宇宙人が、地球人の祖先だという説もあります。

もし、そうなら、
私の師・ダーウィン先生の説が
否定されてしまいます。

ただ、進化論が正しければ、
サルと人間の間のような生物が
いてもいいように思いますが、
そんなものはいません。

パン君はかなり進化していますが、
姿カタチはチンパンジーのままなので、
例外だと言えます。

元総理の福田康夫氏は、
パン君と同じだと見るべきです。
姿カタチが進化していません。

自分でも認めています。

「あなたとは違うんです」と。

政治家の逢沢一郎氏と西岡武夫氏は、
かなり近い存在ではないかと思われます。

脳の発達が、きわめて人間に近いです。

これは、人類の進化を解明するにあたって、
大きな発見かもしれません。

大概失礼な私です。
まっ、政治家だからええか!

どこまで続くの、私の妄想?

キリが無いので、また今度。

えっ、いらんてか?

まぁ、そう言わんと。

posted by 遊酔 at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

ローンもいろいろーん。

わが家の合い言葉。

私「山!」
嫁「川!」
私「豊の」
嫁「お兄ちゃんは?」
私「鳥羽二郎」

本当は鳥羽一郎ですが、それでは
ニセモノに推測されてしまうかもしれないので、
“二郎”にしています。

念には念を、というわけです。

くだらんことを本気で遊びます。

ちなみに私は、曇りガラスがあると、
「山川豊」と書いてしまいます。

別にファンでもないんですが。

その時唄うのは、寺尾聡。

♪くもり硝子のむこうは風の街♪

もちろん、モノマネしながらですよ。

あっ、ここで思い出した。

私って、唄ってる途中でゲップが出ると、
ゲップを出しながら唄うことができるんです。

汚ねぇ〜なぁ〜。


ところで、ゲップと聞くと、ローンを想像するのは、
古い私だけ?

昔は、月賦と言ってたでしょ。

♪生きてる実感 明日の予感 YOーYOーYOー♪

それ、ラップ!
わかんねぇ〜。


ローンでモノを買わない方がいいけど、
仕方のないこともありますよね。

だって、お金が無いもん。

ローンにもいろいろあります。

住宅ローンに、自動車ローン、家電のローン、
クローン、伊東シローン……ニンッ!

なんでやねん!

あぁ〜生き返ったぁ〜。それ、フローン!

おネエの料理研究家は? マローン!

南極の居残り犬は? タローンとジローン!

このセーター、伸びきってるなぁ〜。ビロォ〜ン!

なんじゃ、それ!

♪改札口で 君のこと〜♪

それ、野口ゴローン!

ずっと首を振りながら芝居をする、
古い吉本新喜劇の?

淀川ゴローン! 知らんわな。

そしたらなぁ〜……もう、ええか?

posted by 遊酔 at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする