2017年11月06日

芸能人を見掛けると……。

病院での会話(マジっす)。

看護士「いっきゅうさ〜ん!」

患者「は〜い!」

私「慌てない、慌てない」

私は小心者なので、小さな声でつぶやきました。
いるんですね、そんな名字の人。

結構、病院が楽しい。

ちょっと、聞いて、聞いて。

私の町に、「ヤンキー先生」が来るんだって。
こんな山奥に。

コンビニなんて、ねぇぞ。
あっ、もうヤンキーは卒業したのか。

講演に来るらしいけど、うんこ座りして話すのか。
面白いじゃん。

んなアホな!

まっ、給料がいいから教師にでもなろうか、
という思いでなった先生どもよりは、
よっぽど社会のこと、
子どものことをわかっているだろうけどね。

でも、私は行かないです。やっぱ、教師は嫌い。

おやっ、有名人が来るのに見ないのか。
しかも、タダだぜ、遊酔ちゃん。

面倒なんですよ、そういうの。

ちょっぴりミーハーな私は、
話を聞いてみたい気はするけれど。

な〜んや、それ!

ミーハーと言えば、
私は街で有名人を見かけると、
変にテンションが上がってしまいます。
すっげぇ、俗物です。

一番テンションが上がったのは、
「千堂あきほ」を見た時。

兵庫県に住んでいた時、
町の盆踊りで夜店を手伝っていたんです。

これが、めちゃくちゃキレイで、
結婚したことを後悔したほどです。

って、千堂あきほは、結婚してくれへんで。

えっ、そうなの?

テレビなんかより、ず〜〜〜〜〜とキレイで、
別人かと思いました。欲しい!

くれへん、くれへん。

私が住んでいたマンションの近くの
スポーツ用品店には、
元阪神タイガースの「佐野選手」が来ていましたし、
家も知っています。

「桂文珍」も住んでいました。
サラリーマンのような、
地味な格好で歩いていました。

最寄りの駅では、こずえみどりの「こずえ」、
「池乃めだか」がいました。

どちらもすご〜く小さく、可愛かった。
20センチくらいしかありませんでした。

そんなことはない。

大阪では、
「中山美保(ミポリンではない。吉本新喜劇の)」。

そして、ありがとう「浜村淳」です。
(ローカルですまない)

世界的建築家の「安藤忠雄」
あの人の建築物は、好きではない。

びわこ温泉・紅葉パラダイスで、
「森田健作」ショーを見た時は、
“あしぇー、吉川くん!”と、マネをした。

大阪に「ザ・ダッシュ」という漫才コンビがいます。
って、いまもやっているのだろうか。

その内の一人が、
私と同じアウトドアクラブに入っていて、
一度だけ喫茶店で会ったことがあります。
普通の人だった。

昔、スプライトのテレビコマーシャルに出ていた
「クミちゃん」と一緒に、
ロケに行ったことがあります。

私がカメラを向けると、
ニッコリ笑ってくれましたが、
なかなかシャッターを押さないと、
「まだですか〜!」と、怒られた。

そう、私はカメラマンではないので、
遊んでいただけだから。
クミちゃん、元気にしてるか〜い。

結構、有名人を見ているもんですね。
東京だったら、よくあることかもしれないけど。

あとは、思い出せない。
思い出したら、お知らせしますね。
って、そんなもん、いらんわい! ってか?

また、話が長くなっちまった。
夜風が身にしみるぜ。

家の中やっちゅうねん。

誰が家の中の中年やねん!

合ってるがな!

posted by 遊酔 at 11:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

金持ちと貧乏人の違いは?

もう、こんな生活はイヤ!

ズルズル、ダラダラ、ユルユル。
だらしなさに嫌気がさして、
すべてを捨ててしまいたくなります。

もう、あかん!

こんなゴムの緩んだパンツは捨ててやる!


私は常々、
金持ちと貧乏人の違いは何だろうと考えています。

考えるだけ無駄やから、
やめといた方がええんとちゃうの?

そやね!

でも、考えてしまうんです。

ある時、ひとつの定理を見つけました。

金持ちと貧乏人は、同じものを見た時にも、
その感じ方がまったく違う、ということです。
真逆と言ってもいいでしょう。

たとえば、パインアップル。

パインを見て、よだれを垂らすのが金持ちで、
ツバが出てくるのが貧乏人だ
ということに気づいたんです。

甘くて美味しい完熟パインを知っている金持ちは、
その記憶が呼び覚まされ、よだれが出てきます。

安物の酸っぱいパインしか知らない貧乏人は、
その記憶でツバが出てしまいます。

どや?

もうひとつ。
これは推測ですが、
金持ちは「パインアップル」と呼び、
貧乏人は「パイナップル」と
言っているような気がします。

んなこたぁ〜ないか?

後、にぎり寿司について、
「寿司の美味しいところは?」と聞かれ、
「銀座かな」と軽い口調で答えるのが金持ちで、
「絶対にスシロー!」と大声で答えるのが貧乏人。

私はスシローの大ファンだ。

「メロン」と聞いて、
「マスクメロン」を思い浮かべるのが金持ちで、
「まくわうり」を想像してしまう貧乏人は私です。

これは、世代の問題か?

「美味しい豆腐はいくらぐらいしますか?」
と聞かれ、
「500円くらいかしら」と言うのが金持ちで、
「35円!」と言うのが私。

なんだか虚しいので、終わります。

posted by 遊酔 at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

人間はチャレンジする生き物。

散歩途中の道端で、柿がたわわに実っています。

でも、渋柿です。そう聞いてはいましたが、
確かめなければ気が済まないのが、この私。

どれだけ渋いのかなぁ〜と、
ひとつかじってみました。

前歯を柿に立てた瞬間、足が液体窒素に触れて、
身体全体が一瞬で凍ってしまうほどのスピードで、
歯の先から歯ぐきへ、
そして、口いっぱいに
ドバーッと渋味が広がりました。

これほどまで渋いものを
口に入れたことはありません。

初めての経験です。
良い勉強になりました。

渋柿は食べちゃいけない
ってことがわかりました。

当たり前やっちゅうねん。

だって、“渋さ”を体験したかったんだもん。

カラスだって食べてませんから、ムリですよね。

あっ、でもね。
中には食べているカラスもいるんですよ。

なかなか“渋い”好みのカラスです。
あ〜は〜。

それとも、よっぽどお腹が空いていたのか。

お腹が空いていれば、食べられるのでしょうか。

いやいや、私にはムリです。

私は、カラスに負けたのです。悔しいです。
この無念、きっと晴らしてやります。

でも、やつは空も飛べるから、
やっぱり勝てない。

昔、傘を開いて、
高いところから飛び降りましたが、
傘が逆さまになっただけでした。

両腕を早く上下すれば、
飛べるかもしれないと思いましたが、
体力が足りませんでした。

体力があったら、できたかもしれません。

でけへん、でけへん!

大きな布の端を両手両足にくくりつけて、
高いところからムササビ飛行を試みましたが、
足が痛かっただけです。

ビルの上から飛べば、
ムササビになれたかもしれませんが、
怖いのでやめました。

根性が無かったんです。

そんな問題か?

こんな風に、アホか!
と思えることを続けていると、
やがて、本当のアホーになるんです。

あかんやん!
偉人になるんとちゃうの?

ちゃうちゃう!

ただの変なおじさんになります。

さすがに最近は、
ムダなことがわかるようになりましたけどね。

って、最近かい!

もう、56歳やろ!

なかなか、いいところに気がついたねぇ〜。

何のこっちゃ!

あっ、思い出した。

足を速く動かせば、水の上を走れると思って、
やったことがありますが、
ずぶ濡れになりました。

これも体力が無かったからです。

違う!

またまた、思い出した。

速く身体を移動させれば、
身体がいくつにも見える、
分身の術ができると思ったけど、
めっちゃ動きが遅かった。

分身の術には、高度なテクニックがいるんです。

右にちょっと動いて、すぐに左に移動することで、
残像が見えるようになり、それを繰り返すことで、
何人にも見えるんです。

もっと体力をつけなければいけません。
クソーッ、あと2歳若かったら……。

でけへん!

posted by 遊酔 at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

ホテルの軽ギャグ。

ホテルのロビーでの会話。

フロント
「お部屋は、海側と中年男性側がございますが、
 どちらになさいますか?」


「えっ? よくわかんない。説明して」

フロント
「海側はオーシャンビューで、
 中年男性側はおっさんビューです。アハー」


「おっさんビューって、何ですか?」

フロント
「窓を開けると、一面におっさんが見えます」

アーッハッハッハ!
どんなもんだい!

何が?

posted by 遊酔 at 14:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

玉子が売られなくなったら…。

私は、玉子が無いと生きていけません。

どうすればいいんだ? あぁ〜。

こうなったら、自分で玉子を作るしかありません。

私に、玉子が生めるんだろうか?

いや、違うがな。

にわとりを飼えばええんやろ。

あぁ、なるほどぉ〜。

けど、にわとりうるさいしなぁ。面倒やし。

コロンは、玉子生んでくれへんかなぁ〜。

犬や!

じゃあ、ゴンは?

それ、隣の犬や!

ほな、しげさんは?

近所のじいちゃんや!

もう、歳やから、生まれへんか?

いや、そういう問題ちゃうって!

あかんかぁ〜。もう!

怒っても、しゃーないやろ。

ほな、嫁はんに生んでもらうわ。

そうして!

posted by 遊酔 at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする