2018年06月13日

似てる、似てる。

「似てる、似てる」のコーナー!

パチパチパチ〜!

「ウーピーゴールドバーグ」と
「キューピーコーワゴールド」。

似てる、似てる!

「アーノルドシュワルツェネッガー」と
「さぁ寝るど、疲れてっからぁ〜」。

似てる、似てる!

「シルベスタースタローン」と
「昼寝した すし太郎」。

似てる、似て……意味、わからんやん!

みんなも考えてみてね。

posted by 遊酔 at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

私は炒飯?

ある時、嫁はんに呼ばれました。

「チャーハァーン!」。

ええぇぇぇ〜〜、俺、チャーハンちゃうし。

チャーハンを作ろうとしていたので、
頭がチャーハンになっていたらしいです。

時々壊れる嫁はんが恐い。

なぁ〜に、誰にでもあることだよ。
と、言い聞かせる私。

でも、そんな間違いはないよなぁ〜。
ちょっと心配になってきました。

もし、ふたりで街中を歩いていて、
嫁はんが私のことを
「チャーハァーン!」と呼んだら、
まわりの人は私のことを
「えぇ、チャーハンっていう名前なん、あの人?」
と思ってしまうかもしれません。

そうなると私はこの先、
チャーハンにならなければいけなくなります。

チャオズやテンシンハンなら、
ドラゴンボールに出てくるけど、
チャーハンはいなかったような気がします。

私がチャーハン? どうしよう?

「炒」が名字で、「飯」が名前なのか?

それとも、ベッキーみたいに、
チャーハンだけなのか?

テレビの料理番組に出る時は、
中華料理しか出られへんやん。

イタリアンもフレンチもレポートできへんし。

「チャーハン、パスタのお味はどう?」
って聞かれたら、
「どっちも美味しいです」
って言わなあかんようになるし。

「日本全国美味しいチャーハンの旅」
っていう番組なら、ピッタリやけど。

これはシリーズ化できますねぇ〜。
本も出せるなぁ〜。

それやったら、
チャーハンっていう名前でもええかなぁ〜。

いったい私は何を書いているのでしょうか。

posted by 遊酔 at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

私はとっても真面目。

私は、本当はとっても真面目なんです。

バカボンの弟なんです。

って、それ、はじめ!

おとしまえつけろ!

それ、けじめ!

かっこ悪ぅ。

それ、みじめ!

ちゃんと確認した?

とじめりしたよ。

とじまりやろ!

♪チャカチャーン、チャカチャカチャカチャ〜ン♪
やりますぜ、もとじめ!

わかるかい!

う〜〜〜〜む、いまいちノリが悪いなぁ。

赤潮が多かったからなぁ。って、海苔か?

そうじゃなくって、笑いのセンスというか……。

やっぱ絵柄を上にしてあおがんと、
なんや気持ち悪いなぁ。

それ、扇子!

うちわも絵柄を上にしますよねぇ。

そんな話ちゃうがな。センス!

夏服もしまわなあかんで。

タンス!

♪ズン、チャッチャッチャ〜♪

ダンス!

髪、サラサラァ〜。

リンス!

♪きぃーんらぁーん♪

どんす!

水炊きはやっぱり。

ポン酢!

ぜんぜん違うがな。

うちは嫁はんがポン酢好きじゃないので、
水炊きが食べられない。

何の話や!

posted by 遊酔 at 08:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

私って、小さい?

私は時々、嫁はんに
「ちいせぇ男やなぁ〜」と言われることがあります。

罪な男だぜ!

何、言うとんねん!

たとえば、
「私はチャーシューメンを注文できない」という話。

人生56年間に、
チャーシューメンを頼んだことは、1回こっきり。

手に汗を握り、心臓をバクバクさせ、
めっちゃ勇気を振り絞って、
「チャ、チャ、チャーシューメンをください」
と言ったんです。

その時のどきどき感がトラウマになり、
それ以来食べたことがありません。

どうして、注文できないのかって?

チャーシューメンって、
すんごぉ〜〜〜〜〜〜〜く贅沢だと思いませんか。

ラーメンだってチャーシューは入っています。
とりあえずは食べられるんです。

なのに、150円とか200円とか、
上乗せするんですよ。

そんな贅沢って、ありますか。

そりゃあ、食べたいですよ。
麺が見えないほど、
ずら〜〜〜〜〜り並んだチャーシューには憧れます。

チャーシューの食べるタイミングで
悩むこともありません。
夢のようです。

ラーメンだと、いつ食べるべきか迷ってしまいます。

とりあえずはスープを飲んで、麺をすすって、
次にいきたいところだけど、
ここは我慢して、メンマを食べる。

また、麺をすすり、「ここか?」と悩みながらも、
まだまだ早いと自分に言い聞かせ、ナルトをパクッ。
また、スープ。

麺を噛み締め、
「さぁ、いよいよかな?」と箸を伸ばすが、
「待てよ、2枚しかないチャーシューを
 ここでいっては、後が淋しくならないか」と、
冷静になるものの、
「ここでいかなければ、他のお客さんから、
“セコい”と思われるかもしれないなぁ〜」と、
食べる理由をつけて、エイヤァー! と、
3分の1ほどを噛んでみます。

自分でもセコい食べ方だとは思うが、
後のことを考えると仕方がない。

たとえ3分の1でも、幸せを感じる瞬間です。

こんな感じで、ラーメン1杯に疲労困ぱいしながら、
食べ進んでいくのは、なかなか楽しいけれど、
辛いものもあります。

そして、フィニッシュを迎える時に、
ほんの少し空しさを感じるんです。

チャーシューは最後にしたい。
でも、それはあまりにもセコい。
誰かに知られては、
人生に汚点を残すことになります。

だから、最後はスープにしなければならない。
無念!

だったら、その前がチャーシューになるのか?

いや、それではスープを飲んでいる時に、
チャーシューが透けて見えてしまう。

他のお客さんに気づかれるので、
麺は残しておかなければならない。

なので、スープの前は麺になります。

つうことで、その前がチャーシュー。

あぁ〜、最後から3番目。
これでは、食後の印象が薄くなる。

チャーシューメンを頼めば、
こんな面倒なことを考えなくてもいいんです。

いきなりチャーシューを食べる、
という暴挙に出ることもできます。

最後から3番目に食べても、
途中でたくさん食べているから、
印象は強く残っています。

幸せを感じながら、箸を置くことができるんです。

でも、ドンドンドン(机を叩く音)、頼めない。

貧乏人として生きていると、
贅沢を知るのが恐いんです。

150円、200円で、
他に何が買えるかを考えてしまうんです。

チャーシューは少ないからこそ、
有り難みがわかるんじゃないのか、
と、自分を正当化してしまいます。


そんな私を「ちいせぇ男やなぁ〜」と、
嫁はんは言うんです。

私って、小さい?

充分に小さいわよ!

カクンッ!

posted by 遊酔 at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

私を大好きな愛犬コロン。

犬の顔をジーッと見ていると、つい笑ってしまう。

だって、顔中、毛だらけだもん。
ギャーッハッハッハ!

犬にとっても失礼な私です。


わが家のバカ犬コロンは、私のことが大好きです。

私が行くと、大喜びで近づいてきます。
30センチ手前までは。

そこからゆっくりと顔を近づけるのですが、
腰は引けています。

すぐに逃げられる態勢を取ったまま、
顔を近づけるんです。

そう、私を信用していません。
何をされるかわからないと思っているようです。

正解!
君はよくわかっているねぇ〜。


私の顔をコロンの顔にスリスリしようとすると、
コロンは顔を背けます。

だから、私は何もしないって。ヘヘッ!


前足を掴んで、しゃがんだ私の顔の高さに、
コロンの顔を持って来ると、
耳を後に向け、遠くを見つめます。

何がそんなに辛いんでしょうか。

人間の子どもと話す時は、
子どもの目の高さにしゃがんで話せば、
仲良くなれます。

それと同じように、
コロンと目の高さを合わせてるんですが、
やつは目を合わそうとしません。

わしゃ、サルか!

目を合わせると危ない
とでも思っているんでしょうか。

ハハッ、お前はまだ甘いな。
目を合わさなくとも、私は何かをする。

顔を左右に引っ張って、コリーにしたり。

頭のてっぺんを引っ張って、モヒカン。

鼻を上に向けて、ブルドッグ。

私も忙しい中、いろいろと遊んであげています。
ほんと優しいご主人さまだと思います。

コロンも楽しいのか、
されるがままでじっとしています。

えっ、ほんとはイヤだけど、
ご主人さまだから我慢してるんだって?

ピンポーン!

でもね、私たちはほんとに仲良しなんです。
ガキ大将と子分のような関係なんです。

コロンを守るかわりに、
ちょっとだけ遊ばせてもらっているんです。
それでいいんです。

関係無い人が見ると、
イジメているように見えることでも、
犬は遊んでもらっていると思っています。
これ、ほんと!

言っときますが、
本当にイヤがることをしているわけじゃないですよ。

ちなみに、“高い、高い”はイヤがります。

“ブーランコ、ブーランコ”もイヤがります。

やっとるやないかい!

シーーーッ!

posted by 遊酔 at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする