2021年01月22日

都会に別荘を持ちたい!

昔、新幹線で大阪から東京に出張する際、
大好きな駅弁を買って乗ることがよくありました。

席に着いたら、駅弁が食べたくてソワソワ。
我慢できずに、すぐに食べ始めてしまいます。

食べ終わって窓の外を見たら、
まだ新大阪を発車していませんでした。あちゃ〜。

風情もへったくれもない。

だって、食べたかったんだもん。

子どもか!

美味しいですよね、駅弁。
駅弁を食べ歩く仕事をすれば良かった。

座って食べるけど。

わかっとるわ!

歩かずに電車に乗るけど。

もう、ええ!

いまからでもやれないことはないけど、
たぶん身体に悪いしね。

命を削ってまではできません。

私は、細くても長〜〜〜〜〜く生きていたいので、
無理は禁物。

小さい男だと言われようが、細々と生き続けます。

細腕繁盛記か!

ツッコミ、間違ってない?

かまわんよ!

そうそう、グルメブロガーみたいなことも
やってみたいけど、周辺にお店がありません。

クマさんのシチュー屋さんくらいです。

田舎暮らしの弱点です。

誰々さんちのキャベツは、
シャキシャキと新鮮さが歯に伝わり、
口の中に甘みがジュンワァ〜と広がります。

てなリポートはできますけどね。
面白いか?

やっぱり、
「肉の脂がとろ〜りと…」の方が楽しいです。

あぁ〜都会に通いたい。

そうです、住むことはできませんから。

人は多いし、空気は悪いし。
たまに行くと、ものすっごい疲れます。

おら、そんなとこさ、住めねぇだ。

金持ちになって、都会に別荘を持ちたいくらいです。

週末都会暮らし?

それ、いいねぇ〜。

宝くじ、当たらないかなぁ〜。

努力せんかい!

無理無理!

posted by 遊酔 at 08:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

竹輪の穴とレンコンの穴と僕の頭の穴と。

マカロニサラダを食べる時、
マカロニの穴に箸を突っ込んで、
チャキィーーーン!と、
仕事人のポーズを決めます。

アホやがな!

子どもの頃は、
竹輪の穴に指を突っ込んで食べていました。

ドラえもんのモノマネで、
「指竹輪〜!」と言いながら。

食べるもので遊ぶんじゃない!

へ〜イ! ホ〜イ! わっかりやしたぁ〜!

お前は親をナメてんのか?

そんな汚いもん、ナメへんわ!

バシッ!

殴ったね! 親父にもぶたれたことないのに!

わしが親父や!

チッ、バレたか。

……意味不明。

あっ、思いついた。

レンコンの穴に、色の違う食材を詰めたら、
カラフルでキレイな料理ができるかも。

きゅうり、人参、魚肉ソーセージ、
たくあん、しば漬け……。

これは面白い。
私は天才ちゃうか?

ちゃうちゃう!

けど、面倒くせぇ〜。
ヒマな時にやろう。

毎日、ヒマじゃないの?

確かに。
う〜ん、また今度ね。

農家レストランで出したら、
ウケるんじゃないでしょうか。

アイデアは自由に使ってください。
でも、連絡はしてね。

誰もやらないか?

posted by 遊酔 at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

太るには、理由がある。

竹輪はストローになります。
コカコーラとファンタオレンジを
飲んだことがあります。

竹輪臭がして、
あまり美味しくはありませんでした。

もしかして、
ペプシコーラとチェリオオレンジだったら、
美味しいのかも。

竹輪はやっぱり、
穴にマヨネーズを詰め込んで食べるのが、
一番美味しいですね。

私は、これで太りました。

いや、寝る前に白菜の漬け物に
しょうゆマヨネーズをつけて、
丼飯を食べていたからか。

それとも、
海苔で包み込んだバクダンおにぎりのせいか。

そうか、
毎日1リットルのジュースを飲んでいたからか。

ご飯を食べる時も、ジュースを飲んでいたからか。

インスタントラーメンは2杯食べていたし。

10〜19歳は、ぷっくぷくでした。
でも、走るのは速かったんです。
走れるデブです。

長距離は苦手でしたけど。
苦手というより、根性がないだけ。
すぐに「無理!」となるんです。

そんな私を変えたのが、これ!

「もずやの青汁」。
大麦若葉100%の飲みやすい青汁です。

1日1杯、たった20円で、
あなたに根性を植えつけてくれます。

ただいまより30分間だけのご奉仕。
いますぐダイヤルを!

ジィ〜コン、ジィ〜コン。

って、いつの電話や!

いまの若い人は、黒電話を使えないでしょうね。
公衆電話の使い方を知らない人も多いようだし。

お子さんには、
公衆電話の使い方を教えておきましょうね。
災害時にも繋がりやすいし。

私は何を話しているのでしょうか。

posted by 遊酔 at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月01日

双子の歌手を捜せ!

波平より5歳もお兄ちゃんな私。

めっちゃ、ジジイやん!

古い人間なんで、古いことばかり思い出します。

突然、「じゅん&ネネ」を思い出しました。

♪ほほに小さな 泣きぼくろ~♪

やっぱ、私はジジイなのか?

新しい歌も知ってますよ。

え~と、ん~と、あぁ~~、出てけえへんがな。

あっ、そや! ナウい歌があったやん!

♪若い娘は ウフン お色気ありそうで ウフン~♪

思いっきり古いがな! スリー・キャッツやん!

誰やねん、それ?

そう言えば、最近は双子の歌手っていませんね。

何やねん、突然。

あまり珍しくないからですかね。
昔からいますからね。

にわとり姉妹とか。

こまどり姉妹や!

ザ・南京豆とか。

ザ・ピーナッツ!

イソノーズもいましたね。

……海平と波平や!

歌手ちゃうし。

そうそう、ランラン・カンカン。

リンリン・ランランや!

ザ・はごろもズもいました。

ザ・リリーズや!

これはちょっとわかりづらいですか?

「ニューみつ」という缶詰を出していた
ブランドが「リリー」です。

それに対し「はごろも」って、アーッハッハッハ!

もう、ええわ! はぁ~さいならぁ~!

posted by 遊酔 at 14:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

カムバック! 松村和子!

最近は、春と秋が感じられなくなりました。

日本は、四季の国ではなくなり、
二季の国になるんでしょうか。

このままでは、日本中の春美さんや秋子さんが、
消えてしまうかもしれません。

消えないまでも、名前を変えなくてはいけないかも。

「元春美さん」や「旧秋子さん」へ。

脳みその無駄遣いです。

ほんと、秋がありませんでした。

秋の爽やかな風を感じることができないうちに、
冷たい北風が吹いちゃって。

爽やかなのは、僕の瞳だけさ!

ポチッ!

お〜い、パソコン閉じるなよ!
帰って来いよ〜! カムバ〜ック!

シェーンか?

いや、松村和子!

♪きっと帰って くるんだと〜♪(モノマネ中)

ゲホッ、ゴホッ!
もう、あんな高い声は出なくなったね。
歳を取ったよ。

そう言えば、
少し前に「電話はヨイフロ〜」のハトヤで、
松村和子が唄っている映像を見ましたよ。
まだ、やってたんですね。

♪帰ってこいよ〜♪って、唄ってましたが、
「お前が帰ってこいよ!」と、
ツッコミを入れられそうです。

歌手って仕事も大変ですね。
全国をどさ回りしなくちゃいけないし。

高知県だけをまわれば、土佐まわり!

コテッ!

ビールケースの上で唄ったり。

そのケース、どこから持ってきたんや?
とっても気になったりしますよね。しないか?

私なんか、駅前広場でギターを片手に唄って、
ギターケースにお金を入れてもらった時は、
「あぁ〜これで牛丼に玉子が入れられるぅ〜」と、
感激している夢を見ましたけどね。

夢かい!

だって、ギター弾けないじゃん!

知らんがな!

中学生の頃に白いギターを買ってもらって、
練習しようとしたけど、
♪白いギターに変えたのは〜♪ と、
チェリッシュの悦ちゃんのモノマネを
していただけだもんね。

アホやがな!

よせやい。照れるやないかい!

誉めてへん!

おやぁ〜。

でも、歌はウマいよ。ちり紙つきだよ。

折り紙つきや!

また古い言葉遣って。

だって、人間が古いんだから、しょうがないやん!

豚のしょうが焼きに、しょうががなかったら、
「豚の焼き」になってしまうやろ!

???

それ、「の」はいらないんじゃないの?

へへっ!

posted by 遊酔 at 14:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする