2020年04月04日

立ち食いそばの夢。

もう何年、立ち食いそばを食べていないのだろうか。

だしの香りに誘われて暖簾をくぐると、
そこには小さな幸せを漂わせる、男たちの背中。

空いた場所にそっと立ち、
メニューをほんの5秒だけ見る。

天ぷら。いや、高い。
俺はまだ、そんな身分じゃない。

月見かきつねだ。
おにぎりを頼むなら、かけそばになる。

こういうところのおにぎりは、格別に旨い。
う〜む、悩む。

そんな時間が好きだった。

大阪に住んでいた、独身時代。

でも、いまは山の中住まい。
駅まで行くのに、車で30分。

まっ、行っても、
立ち食いそばなどありゃしないけどね。

ええい、仕方がない。
そばを作って、庭で食べるか。

景色はいいけど、なんだか虚しい。

もし、庭で“立ち食いそば”をしたら、
どうなるか?

「○○さんのだんなは、病気なんかのぉ〜」
という噂が町内中に広まって、
親しい人たちが駆けつけてくるだろう。

それが、田舎です。
だから、できない。

せめて、座って食べれば、
「変な人だ」で済むかもしれません。

でも、私は立って食べたい。

それなら、好きにしはったらよろしいやん。

あんた、冷たいね。

最近は、立ち食いそばも進化しているそうですね。

「冷やしオクラとろろそば」や「鶏ごぼうそば」、
「春菊天そば」「ほうれん草そば」
などもあるそうです。

ちょっと前には、
フライドポテト入りが話題になりましたよね。

た、食べたい!

実に面白そうです。

食べることを考えると、「都会はいいなぁ〜」と、
田舎者になってしまいます。

でも、住むのは田舎がいい。

う〜む、生野菜。

違う!

悩ましい。

あっ、私、生野菜サラダが好きですよ。

若い女性のように、あるいは牛のように、
ガサゴソ食べてしまうんです。

静かに食べろ!

はぁ〜〜〜い!

そう言えば、立ち食いそばで
天ぷらを食べたことがないよな。

うわっうわっうわっ、あかん!

天国に行く前に、地獄かもしれんけど、
天ぷらそばを食べとかな。

よし、大阪に行こう!

posted by 遊酔 at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください