2020年03月13日

遊酔流果物の食べ方。

バナナは、一辺か二辺皮を剥いて、横向きに持ち、
そこに上の歯を突き刺し、
剥いたところの中身だけを中心まで食べるんです。

バナナは、縦三等分になるような組織に
なっているので、ウマくその部分が取れた時は、
キレイな食べ跡になって、楽しいもんです。

地味か!

ミカンの皮は、よ〜く見ると、
小さなつぶつぶがたくさん並んでいるので、
それをほじくり出して、1つずつ食べると、
プチプチしていて面白い歯ごたえです。

これをたくさん集めると、
「とびこ(トビウオの卵)」になります。

ならへん、ならへん!

リンゴは、どこまで食べられるかを
テストしたことがありますが、
結果、すべて食べられました。

芯も種も軸も。

まっ、無理やりですが。

アホか?

「か」は、いらん!

デラウェア(種無しぶどう)を食べる時は、
数十粒を一度に入れて、
皮をまとめて口から出します。

どうだい、遊酔ちゃん、ワイルドだろ?

巨峰を食べる時は、一粒を指で絞り出し、
種を出すのが面倒なので、粒ごとゴックンします。

味わからねぇし。もったいなぁ〜い!

種無しピオーネは、皮ごとムシャムシャします。

ポリフェノ〜ル!

メロンは、プリンスメロン、まくわ瓜しか、
家にはやって来ませんでした。

マスクメロンは、たま〜〜〜〜〜〜に
喫茶店でフルーツパフェを
食べさせてもらえる時に、
ひと切れ入っているものを
最後の最後にいただきます。

メロンに生クリームがついている時は、
生クリームを舐めて取り除き、
最後まで残しておきます。

幸せだった、あの頃。

生のサクランボが、
真っ赤っかじゃないのを知ったのは、
大人になってからでした。

イチジクって、お店にも売っているんですね。
よその家の木に登って穫るもんじゃないんですね。


いやぁ〜、僕って果物に
いろんな想い出があるんですね。

で〜も、いまじゃ
果物はあまり食べなくなりました。

そろそろ僕も大人になろうとしているのかな?

58歳やろ!

気のせい、気のせい。

posted by 遊酔 at 10:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください