2019年05月22日

「適当」は楽しい。

ある日の新聞折り込みチラシ。

私は、そのチラシを手にした時、
腹の底から響き渡る、
感嘆の声を抑えることができなかった。

「うっおぉぉぉ〜〜〜っ!」

これほどまでに美しいチラシは、見たことが無い。
写真、文字、レイアウト。

デザインを構成する、そのひとつひとつが、
これほど完璧なまでに作り込まれた美しさは、
私の記憶には無かった。

特に写真は秀逸で、
商品の良さを“どうだ、文句があるか”
と言わんばかりに、
見事な表現力で迫ってくる。
この迫力は、素晴らしい。

ぜひ、このお店に行きたい。
この商品をこの手に握りしめたい。
そう、熱く願ってしまうほどだ。

そんな回転寿司屋のチラシを壁に貼って、
夢を大きく持とうと、
よだれを垂らしている私がいる。

回転寿司かい!

でも、ほんとに美味しそうなんですよ。
食べたいわぁ。

でも、最近流行りのちょっと高級回転寿司なんです。

全皿100円じゃないんです。
つまり、行けないということです。
つらっ!

・生サーモンすじ子のせ(トロッ、プチッ)
・生ガキ(テロンッ、ツルンッ)
・生タラバとボタン海老(ズルンッ、コリンッ)
・アオリイカ生ウニ巻き(コリッ、テロッ)
・アオリイカ&海老マヨ&
 トロサーモンの炙りづくし(クゥ〜ン、ペロンッ)
・ヤリイカ&まぐろ&びんとろの漬けづくし
 (テロリン、ポワンッ)
・ボイルタラバ(スポッ、ハグッ)

そんな握りが、
ツヤッツヤの写真で載っているんです。
じゅるぅ〜。

汚いなぁ!

あぁ〜、貧乏ってヤダッ!

100円の寿司じゃ、こんなネタ無いよ。
行きたい。食べたい。
また、夢が増えてしまったなぁ〜。

夢多き少年の旅が、いま始まる。

中年やろ!

誰が?

遊酔ちゃんは、中年や!

そんな言い方って、無いと思うわ!
心はまだ、11歳と3ヵ月なんだから。

なんや、その微妙な年齢は?

私の言うことのすべてに、意味は無い。
意味など、あってたまるか!

それって、遊酔ちゃんが適当な人間ってこと?

その通り!

証拠をお見せしよう
(見せられへんから、書くんやけどな)。

・私は、30歳になるまで、
 自分の血液型をB型だと思っていたけど、
 本当はO型だった。
・入れる学校しか行かないつもりだったから、
 受験勉強をしたことが無い。
・授業中、眼を覚ましたら、誰もいなかった。
・イヤな会社は、すぐやめる。
・会社勤めの頃、午前中に仕事を済ませ、
 午後からは、モノ想いにふけっていた。
 時々、昼寝。
・打ち合わせの帰りに、ビリヤードを楽しんでいた。
・仕事中でも、お酒がOKな会社にいた。
・情報誌の編集長をしていた時、
 自分の行きたいところの企画を立て、
 自分で取材に行っていた。
・夕方になると、近くの八百屋さんへ行き、
 ごぼ天を七輪で焼いて食べていた。
・ボスが外出すると、紙をまるめたボールを使い、
 先輩と室内で野球をしていた。
・出張なのに、料理旅館に泊まって、
 楽しいひとときを過ごした。
・会社の仕事中にかかってきた、
 アルバイトの電話も、平気でしゃべっていた。
・昔、部下に言われたことがある。
 「(本名)さんて、仕事はできるけど、
  他のことはむちゃくちゃですね」

まだまだ、たくさんあるけど、
私の適当さはわかったと思います。

でもね、本当は真面目なんですよ。
って、どこがやねん!

私は、楽しく生きたいだけなんだぁ〜。
だって、年頃なんですもの。わかってぇ〜!

バカッ!

バカッ!って、言うな。
関西人は、バカッ!って言われると、
ムッとするんです。
優しく“アホッ!”って言ってちょうだい。

それが、浪速のあきんどや!
儲かってまっか?
ぼちぼちでんなぁ!
そら、よろしなぁ。
うちら、あきまへんわ。
ほな、また!

そして、今日も私は、適当に生きるのでした。

posted by 遊酔 at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください