2019年04月24日

関西弁の笛吹きケトル。

もしも、笛吹きケトルが関西弁をしゃべったら……。

ピロッ、ピロピロッ。
もうすぐ沸きまっせぇ〜。

沸いてきたようでっせぇ〜。

もう沸いてるんとちゃうかなぁ〜。

沸いてる言うてんのに。

なぁ、沸いてるやん!

沸いたっちゅうてんねん、ええぇー!

沸いたやろ、こらーっ!

おい、ナメとんのか! われぇ!

沸きまくっとるやないかい!
シバキまわすぞ、おらーっ!

ア゛ァ゛〜〜〜〜〜〜!
血管が切れるやないかい!

おぉ〜、危なかったなぁ〜。

笛吹きケトルの音は、ある一定の高さ以上には
ならないことを確かめたことがあります。

ちなみに、わが家の人たちは、
ケトルが鳴り始めると、耳をふさぎます。

って、止めんかい!

posted by 遊酔 at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください