2019年04月03日

大とろ2枚のせの衝撃。

息子が保育所に通っていた5歳くらいの頃。

「回転寿司おごって!」と言ったら、
「いいよ!」と答えたので、
有り難く夫婦でおごってもらいました。

相手が5歳児なんで、
私は遠慮して30皿は食べませんでした。
優しいパパです。

おごることを止めなかったママも立派です。

私たちは、
世の中の厳しさを教えることに熱心なんです。

えっ、意味がわからないって?

いいんですよ、美味しかったから。

??????

「ごちそうさまでしたぁ〜」と言ったら、
息子も「ハイハ〜イ!」とニコニコしていたので、
それで良し。

アーッハッハッハ!

最近ぜんぜんおごってくんないけど。ケチッ!


回転寿司と言えば、
忘れることのできない素晴らしい想い出があります。

それは、スシローの「大とろ祭り」での出来事。

レーンを見ていると、
「おっ、大とろが来たな。
 よし、あれをゲットだぜ!」。

おやっ? もしかして? おぉ〜!
あれは絶対にいただかねば。

私は焦っていた。誰かに取られるかもしれない、と。

無事、私の手前にやって来た大とろ1貫に感激し、
かつ興奮を抑え切れない思いで皿を取り、
すばやく口にパクッ!

う〜ん、とろ〜り、てろ〜ん。
ビューティフル! ワンダフル!
エキサイティング!

素晴らしきかな、この時間。この人生。
幸せ〜〜〜〜〜。

そして、口の中のものがすべて無くなってから、
嫁はんに言いました。

「いまの大とろ、2枚のってた!」。

嫁はん
「ええぇぇ〜〜、ズルい、キタナい、いいなぁ〜、
 なんでやのん、腹立つ!」。

そうです。これは黙って口に入れなければ
嫁はんに取られる、と踏んだ私は、
無言で食べたのでした。

セコいと言われようが、男じゃないと罵られようが、
これは絶対に口に入れたかった。

ほんと、幸せな想い出をありがとう!

私は強運の持ち主かもしれません。

この運をあなたにも授けてしんぜよう。

1回の祈祷で、本来なら3万円のところ、
今回は読者限定特別価格の3千円でどうじゃ。

私が祈れば、大とろが2枚のって来るのじゃ。

ここで、賢い読者はピピッとひらめく。

大トロ1貫を2皿取って、
1皿分のネタをもう1皿にのせれば、
2枚重ねになります。

私に3千円払わなくても、数百円追加すれば、
あなたにも幸せは訪れるのです。どう?

やってみてねぇ〜。

posted by 遊酔 at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください