2018年11月14日

まんが日本昔ばなしショートショート。

・桃から生まれた桃太郎は、悪い鬼を退治した後、
 お宝を横取りして、
 おじいさんとおばあさんの元には帰らず、
 ひとりで幸せに暮らしましたとさ。

・子どもにいじめられていたカメを助けた
 浦島太郎は、竜宮城に着く前に、
 溺れてしまいましたとさ。

・力持ちの金太郎は、
 森で出逢った動物たちにお金を渡し、
 大相撲森林場所で全勝優勝して、
 賜杯を手に入れましたとさ。

・光る竹から生まれたかぐや姫は、
 美しい大人になると、
 たくさんの男たちをふって、
 おじいさんとおばあさんに、
 何を残すこともなく、
 月へ帰って行きましたとさ。

・小さく生まれて、
 小さなまま大人になった一寸法師は、
 京の都の武家に就職し、鬼退治をしたけど、
 先に桃太郎がお宝を持って行ったので、
 手柄を立てられず、
 小さなままの平凡なおっさんになりましたとさ。

・お腹を空かせたお母さんガニは、
 大きなおにぎりを見つけたので、
 食べてしまいましたとさ。

・わら1本をみかん3個と交換した男は、
 次にみかんを元に反物を手に入れ、
 その次は馬を手に入れ、
 そして千両を手に入れた夢を見ました。

・ほっぺたに大きなコブがあるおじいさんは、
 山で道に迷って、鬼の宴会場に
 入ってしまいましたが、帰ると言うと、
 鬼にほっぺたのコブをちぎられ、
 今度来たら返してやるぞ、と言われたけど、
 行きませんでしたが、
 次に鬼のところに行ったのは一寸法師だったので、
 大きなコブはいま一寸法師のほっぺたに
 ついているとさ。

……つづく。

続くんかい!

posted by 遊酔 at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください