2017年10月29日

人間はチャレンジする生き物。

散歩途中の道端で、柿がたわわに実っています。

でも、渋柿です。そう聞いてはいましたが、
確かめなければ気が済まないのが、この私。

どれだけ渋いのかなぁ〜と、
ひとつかじってみました。

前歯を柿に立てた瞬間、足が液体窒素に触れて、
身体全体が一瞬で凍ってしまうほどのスピードで、
歯の先から歯ぐきへ、
そして、口いっぱいに
ドバーッと渋味が広がりました。

これほどまで渋いものを
口に入れたことはありません。

初めての経験です。
良い勉強になりました。

渋柿は食べちゃいけない
ってことがわかりました。

当たり前やっちゅうねん。

だって、“渋さ”を体験したかったんだもん。

カラスだって食べてませんから、ムリですよね。

あっ、でもね。
中には食べているカラスもいるんですよ。

なかなか“渋い”好みのカラスです。
あ〜は〜。

それとも、よっぽどお腹が空いていたのか。

お腹が空いていれば、食べられるのでしょうか。

いやいや、私にはムリです。

私は、カラスに負けたのです。悔しいです。
この無念、きっと晴らしてやります。

でも、やつは空も飛べるから、
やっぱり勝てない。

昔、傘を開いて、
高いところから飛び降りましたが、
傘が逆さまになっただけでした。

両腕を早く上下すれば、
飛べるかもしれないと思いましたが、
体力が足りませんでした。

体力があったら、できたかもしれません。

でけへん、でけへん!

大きな布の端を両手両足にくくりつけて、
高いところからムササビ飛行を試みましたが、
足が痛かっただけです。

ビルの上から飛べば、
ムササビになれたかもしれませんが、
怖いのでやめました。

根性が無かったんです。

そんな問題か?

こんな風に、アホか!
と思えることを続けていると、
やがて、本当のアホーになるんです。

あかんやん!
偉人になるんとちゃうの?

ちゃうちゃう!

ただの変なおじさんになります。

さすがに最近は、
ムダなことがわかるようになりましたけどね。

って、最近かい!

もう、56歳やろ!

なかなか、いいところに気がついたねぇ〜。

何のこっちゃ!

あっ、思い出した。

足を速く動かせば、水の上を走れると思って、
やったことがありますが、
ずぶ濡れになりました。

これも体力が無かったからです。

違う!

またまた、思い出した。

速く身体を移動させれば、
身体がいくつにも見える、
分身の術ができると思ったけど、
めっちゃ動きが遅かった。

分身の術には、高度なテクニックがいるんです。

右にちょっと動いて、すぐに左に移動することで、
残像が見えるようになり、それを繰り返すことで、
何人にも見えるんです。

もっと体力をつけなければいけません。
クソーッ、あと2歳若かったら……。

でけへん!

posted by 遊酔 at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください