2017年09月23日

まぁ〜情けない、我が家のワン公。

ありえへん!

こんなことってある?

いやぁ〜ないない。

朝、我が家のバカ犬コロンのところへ行くと、
いつものように喜び、はしゃいで、走り回っていました。

私は、事件が起こっているなんて、
思いもしませんでした。

散歩の準備をしていると、
コロンが自分の犬小屋を覗いています。

「ウ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」。

えっ、何だ?

中を見て、怒っているようでした。
おやぁ〜。

中を見てみると、ガチョ〜〜〜ン!

ウソッ! 何で! ありえへん! そんなバカな!

コロン、お前何やってんねん。
家、乗っ取られてるやん。

な、なんと、小屋の中に
「あなぐま(推定)」がいるではあ〜りませんかぁ〜。

そんなアホな。

犬は、自分のテリトリーに、
他の犬や動物が入ってきたら、戦うでしょ。

最強・最大のテリトリーであるはずの家に
入られてるなんて、あってはならないでしょ。

お前は、黙って見てたんか?
根性なさ過ぎちゃうの?
追い出せよ。

お父さん、とっても情けないです。
そんな弱い子を生んだ覚えはないよ。

生んでへん、生んでへん。

子どものケンカに親が出るのはどうかと思いましたが、
相手は言ってもわからない野生児です。

仕方がないので、私が追い出すことに。

あまり荒っぽいことをするのもどうかと思ったので、
まずは殺虫スプレーで追い出す作戦を。

シュ〜〜〜〜〜、シュ〜〜〜〜〜、シュ〜〜〜〜〜。

えぇ〜、イヤちゃうの?
出てきません。

もうぉ、人が下手に出てたら、調子に乗りやがって。

やれやれ。

シャベル(関東ではスコップ)でツンツンして、
追い出すことができました。

でも、あなぐまは、
貧乏界最強の私に向かってきそうな勢いで、
犬のような唸り声をあげています。

おーー、なめんなよ。俺やぞ。

シャベルで軽く、コンッ!

すると、トボトボとその場を離れていきました。

それでも、まだこちらに来そうなので、
さらにシャベルで威嚇すると、ゆっくりゆっくりと、
川の方へ降りて行きました。

ほぉ〜。

それにしても、
コロンはいつからオロオロしてたんでしょう。
一晩中、外にいたんでしょうか。

お前は、犬の自覚が足りない。

何年か前に、猟犬が庭に来た時にも、
お前は立ち尽くしていましたね。

お父さんは、
あの時の情けない顔を忘れることができません。

お前は身体能力が優れているんだから、
もっと自信を持ちなさい。

ケンカばかりするのもよくありませんが、
せめて自分のことは自分で守りなさい。

お前は、できる子なんだから。

何の話やねん。

ちゃんちゃん!

posted by 遊酔 at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください