2017年06月24日

わが町ご当地グルメ。

風呂場で石けんを泡立てて、顔半分に塗った。

アシュラ男爵になるかと思ったのに、
顔半分が小梅太夫になっただけでした。

「日本全国ご当地スーパー 掘り出しの一品」
という本が面白そうです。

それによると、私が昔から知っていて、
てっちり全国的な、
てっきりや! 何でフグやねん!
お菓子だと思っていた「満月ポン」が、
大阪のご当地ものだったのには驚きました。

そう言えば、「ぼんち揚げ」が
関西だけのものだと知った時もショックでした。

関東で言えば、
「歌舞伎揚げ」と同じようなお菓子です。

こんな風に、全国版だと思い込んでいても、
地元だけのものだってことは、結構あるようです。

まぁ、“ご当地もの”が流行っているので、
これを機会に全国展開を狙うってのも、
いいじゃなぁ〜い!
by高松しげお。

で、わが地方にはどんなものがあるのかを
ググってみたら、ショボッ!

お菓子はなかったので、グルメをご紹介します。

ひとつめは、「はまキャベツスペシャル」。

お好み焼きにタルタルソースを大量に塗りたくって、
な、な、なんと、上にキーウィをのせていました。

いくら変な料理を考える私でも、これはゲロゲローです。

タルタルまでは許せますが、キーウィかよ! です。

ふたつめは、「せち焼き」。

焼そばを玉子だけで固めた、モダン焼きもどきです。
味は簡単に想像できますし、面白くありません。

みっつめは、わが町の「ほろほろラーメン」。

ほろほろ鳥って、知ってます?

これくらいの大きさで、
カタチはこんな感じで、模様がこんなんです。

わかるかい!

フランス料理でよく使われる食材です。
わが町の隠れ過ぎた特産品なんです。

知られてないんかい!

そのほろほろ鳥のスープと
チャーシューを使ったラーメンなんです。

ほろほろ鳥ののったうどんは食べたことがありますが、
「ふ〜ん!」でしたけどね。

でも、スープもほろほろ鳥だとすると、
味は想像できません。

一度食べてみようかとも思うのですが、
ちょっと地元愛が欠けていて、
マズかったらお金がもったいないし、
と思っています。

あまり期待できるお店じゃないもんでね。

シィーッ! 田舎やから、悪口言うたらすぐに伝わるで。

ほんまやなぁ〜。
内緒やで。

田舎では、内緒やでと言っても、
50人くらいには知られてしまいます。

田舎暮らしを夢見ている方は、ご注意ください。


てなことで、わが地方には
いまいちご当地グルメがありませんでした。

そろそろ、私の出前ですかね。

って、遊酔ちゃんを持っていくの?

出番や!

ほんじゃ、何か考えてみますか。
いつになるか、わかりませんが。

posted by 遊酔 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック