2020年10月30日

缶切りって、知ってる?

もう、40年も前のことだろうか。

冷蔵庫で冷やしてあった、
みかんの缶詰を食べようとしたら、
缶切りで開けた2つの穴が……。

もしかして?

ガァ〜〜〜〜ン!
汁がない!

誰や?

こんなことをするのは、おやじしかいないけど。

てめぇ〜、ふざけんなよ!

あの人は、みかんの缶詰の汁だけが好きだった。

それから、私も同じことをするようになった。
この親にして、この子あり。

親は、子どもを躾ける前に、自分を躾けましょう。

なんて親なんだ!

でも、優しいところもありました。

私が泥ダンゴで
友だちと潰し合いをしているのを知ると、
鉄のダンゴを作ってきてくれました。

コマまわしをしていると、
鉄のコマを作ってきてくれました。

おかげで、私は誰にも負けなくなりました。
親って有り難いですね。

あなたの疑問は、スルーします。

そう、昔の缶詰は、
缶切りという道具を使って、開けていたんですよ。

いまの人は、見たことさえないかもしれませんが。

こんな形だったり、こんな形だったりするんです。
これをこうあてて、こうして、こうして。
こんな感じです。

って、わかるかい!

開ける手間があったからこそ、
開いた時に一層嬉しかったんだと思います。
特に果物は。

ちょっと技術がいるのは、
「さんまの蒲焼き」缶詰です。

いまも形は同じ、あの長方形です。

角の部分で、缶切りが滑ったりするんです。

私は、小学1年生の頃から、
この「さんまの蒲焼き」缶を開けて、
冷やご飯と一緒にひとりで食べていたんです。

うっ………………もう、これ以上書けません。

posted by 遊酔 at 10:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

懐かしきレモンケーキよ。

少し前、懐かしいレモンケーキが、密かに注目された。

あれは、いつの頃だろうか。
確かに記憶している。

甘酸っぱいレモンクリームをまとい、
ややボソボソとした口当たりのスポンジケーキ。

決して高級感はないが、素朴なおやつ。

でも、思い出せない。

メーカーは?
どこで売っていた?
いつ頃食べていた?

それほど執着はなかったのだろう。

懐かしさは、もう一度食べてみたい衝動へと変わる。

僕は探した。いろんな店を探した。

諦めかけていた時、あの店のレジ横に並んでいた。

あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!
と、僕は心の声で叫んでいた。

これだ! ヤマザキの「レモナック」。

食べた。

これ、これ! これだよ!

記憶していた味だけど、
ちょっとアッサリしているような。

でも、そんなことはどうでもいい。

これで、想い出を辿る旅は終わりを告げる。

ありがとう。楽しい時間を過ごせたよ。

いつも、ファンの望みを叶えてくれる君。
あぁ〜、愛しのローソン。

by ローソン詩人・遊酔。

ローソン詩人は、
もしかしてシリーズ化するかもしれません。

ローソンは、
それほど私に刺激を与えてくれるんです。

あなたも「レモナック」をお試しあれ。

あんたは、ローソンの晒しもんか!

えっ、はみ出しもん?

ポケモン?

まわしもんや!

ベッタベタ!

posted by 遊酔 at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

お金を自由に使えたら?

おせち料理の売り上げが伸びているようです。

高齢者や単身者が増えて、
自分で作らなくなったので、
買う人が増えているようです。

1段で1万円程度のものがよく売れるんだって。
みんな、金持ちやね。

1万円でっせ。
1万円あったら、どんだけたこ焼き食えるの。

ほか弁の幕の内20個買えるで。
20個も食べたら、お腹パンパンやで。

って、食えるかい!

まぁ、無駄遣いやわ。

それなら、
他のご当地グルメをお取り寄せした方が楽しいわ。
アホちゃうか!

で~も、有名料亭のおせち料理を食べてみた~い!

妬み、嫉み、やっかみかい!

ハァ~~~イ!


たまにですが、ふと頭をよぎることがあります。

1万円自由に使えたら、何に使うか?

1万円程度なら、生活費にまわします。

セコッ!

10万円なら?

2000円で、食べたいほか弁を買えるだけ買います。
う~ん、大物!

100万円なら?

2万円で、食べ放題じゃない焼肉屋さんに行きます。
う~ん、セレブゥ~~!

1千万円なら?

……焼肉屋さん以上のものが浮かびませんので、
貯金します。
う~ん、虚しい!

1億円なら?

貯金して、ちょっとずつ生活費にまわします。
そうすれば、残った人生、遊んでいられますから。

ちっちゃい人間!

あ~あ~、何とでも言えばいいさ!
小さな幸せを感じながら、細く長~く生きるんだ。
最後に笑うのは、私だよ。

贅沢なんて、いらない。
心が自由なら、それでいい。

心を解放すれば、
もっとたくさんの幸せが見えてくる。

お手々のシワとシワを合わせて、幸せ。
なぁ~むぅ~。

あのコマーシャルがいまだに流れている、
超ド田舎からお届けしました。

posted by 遊酔 at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

サルのコスプレをした私。

昔々、ある駅でのこと。
電車の乗り継ぎで20分ほど待つことに。

嫁はんとまだ小学生だった息子に、
「トイレに行ってくる」と言って、
そっと隣のホームへ。

2人のちょうど真正面。
立ち食いそば屋さんでそばを注文し、
2人が見えるところで、
ずるずるとそばを食べ始めました。

それを見た息子の慌てぶりがあまりにも可笑しくて、
そばを吹き出しそうになりました。

息子は一所懸命に走ってきて、
私の“そば”に“立ち”、
勢いよく“食い”始めましたとさ。決まったぁ〜!

アーッハッハッハ!
おちゃめな私。こんな遊びが大好きです。


何だか知らないけど、
昨年まではハロウィーンが大騒ぎでしたね。

本来の意味など無視して、ただのコスプレ大会。
しかも、人、人、人で、
コスプレも見ることができない。

単なる迷惑な集団です。
あれでは、暴走族と何ら変わりがありません。

コスプレでコミケに行っている人の方が、
まだ理解できます。

ガァ〜〜ン!
イヤなことを思い出しました。

息子が保育所の時。
運動会で親子リレーのようなことを
させられたんです。

な、な、なんと、
私はサルに見える帽子をかぶらされたんです。
きゃぁ〜〜〜〜!

メタクソ恥ずかしかったことが忘れられません。

親になるとはこういうことなのね、
と、人生の厳しさを教えられたようです。

でも、いまならできる。

牛柄のパジャマを着て、
自転車で町内を走ってみたい。
子供たちのヒーローになれるかも。

あっ、じいちゃんとばあちゃんしかおらんなぁ〜。

もぉ〜〜〜〜!
牛柄だけに。

ちゃんちゃん!

posted by 遊酔 at 10:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

リンゴをかじると……。

昔。

TV「リンゴをかじると、歯茎から血がでませんか?」
私「ハイ、大丈夫です!」

今。

TV「リンゴをかじると、歯茎から血がでませんか?」
私「かじることができましぇ〜〜ん!」

posted by 遊酔 at 14:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする