2019年04月24日

関西弁の笛吹きケトル。

もしも、笛吹きケトルが関西弁をしゃべったら……。

ピロッ、ピロピロッ。
もうすぐ沸きまっせぇ〜。

沸いてきたようでっせぇ〜。

もう沸いてるんとちゃうかなぁ〜。

沸いてる言うてんのに。

なぁ、沸いてるやん!

沸いたっちゅうてんねん、ええぇー!

沸いたやろ、こらーっ!

おい、ナメとんのか! われぇ!

沸きまくっとるやないかい!
シバキまわすぞ、おらーっ!

ア゛ァ゛〜〜〜〜〜〜!
血管が切れるやないかい!

おぉ〜、危なかったなぁ〜。

笛吹きケトルの音は、ある一定の高さ以上には
ならないことを確かめたことがあります。

ちなみに、わが家の人たちは、
ケトルが鳴り始めると、耳をふさぎます。

って、止めんかい!

posted by 遊酔 at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

地球人の祖先は、宇宙人。

地中海の島国・キプロスが、
債務危機に陥っています。

もひとつピンとこない国ですが…。

キプロスと聞くと、

♪ターララララァー タラララァー ラララァー
 タッタラァー タッタラァー

 砂の嵐に かくされた
 バビルの塔に すんでいる
 超能力少年 バビル二世
 地球の平和を まもるため
 三つのしもべに 命令だ「ヤァ!」
 怪鳥キプロス 空をとべ〜♪

と唄ってしまいます。

長いボケやなぁ〜。
それ、ロプロスや!

おおきに!
ツッコンでくれへんかったら、
ボケ損するとこやったわぁ〜。


ところであなたは、U.F.O.を信じますか?
私は信じます。

古代の地球に宇宙人がやって来ていた
という話があります。

世界中のさまざまな遺跡には、
宇宙人や宇宙船の壁画が残っています。

壁画の中には、時代的にはあり得ない
「電球」の絵が描かれているものもあります。

2000年前の遺跡から、
発電装置らしきものや羅針盤も見つかっています。

その時代にあってはおかしいものです。

いわゆる、オーバーキュと言われるものですね。

オーパーツや!

なんで、オバケのQ太郎が突然出てくるねん!

オバケは突然現れるものです。

なるほどぉ〜。

日本で発見された弥生時代の土器には、
出雲大社の高層神殿とともに、
宇宙人と宇宙船が描かれています。

古代では、宇宙人と地球人がともに生き、
宇宙人を神として崇めていたんではないか
という説もあります。

宇宙人が高度な技術を使い、
ピラミッドやストーンヘンジを作った
とも言われています。

これら宇宙人の痕跡を見ると、
信じてもいいのではないかと思います。

でも、私はずっと引っ掛かっていたことがあります。

もし、宇宙人が来ていたのなら、
どこかで宇宙船の残骸が
見つかってもいいんじゃね、っと。

と思っていたら、2012年、バルト海の海底で、
直径60メートルの円盤らしき物体が
見つかっています。

これだ!

マルタイのインスタントラーメンに、
「これだ」という名前の商品があります。

どうでもええわ!

この円盤の調査は、まだ進んでいませんが、
ワクワクしてきます。
ロマンがあります。

乾燥肌には、ロマンが一番。

♪からだの芯までぽっかぽか〜♪

それ、バスロマン!

古代に宇宙人が来ていたということを
最初に知ったのは、
ウルトラセブン6部作を見た時です。

その中で、ハッキリと断言しています。

モロボシダン、いや、
ウルトラセブンが言っているんですから、
間違いありません。

でも、なぜ宇宙人は
地球上から消えてしまったんでしょう。

いえ、消えていません。
あなたの心の中で生き続けています。

何、言うとんねん!

posted by 遊酔 at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

地味な私のどこがいけないと言うの?

イチゴの表面についているツブツブを
ピンセットで取り出し、
それを水耕栽培で発芽させ、
芽が少し大きくなったら、
プランターに植え変えて、
水をあげているとやがてイチゴができるようになり、
さらにイチゴは勝手にツルを伸ばし
株分かれするので、どんどん株を増やし、
プランターが何個にもなって、
家でイチゴ狩りができるようにしたことがあります。

マメか!

いえ、地味なんです。

肥料をやらないので、
小さなイチゴしかできませんが、
甘かったり、酸っぱかったりして、
面白かったですよ。

数年間は楽しませてもらいました。

地味なことが結構好きです。

小学生の頃には、
名前は忘れたけど赤い花を大きく育てては切って、
挿し木で株を増やしていました。

それをどうするの? とは聞かないで。

みかんの皮のツブツブを
一所懸命に取り出していたこともあります。

それをどうするの?

食べるんです。別に美味しくはないけど。

1センチ角の紙で、鶴を折っていたこともあります。

それをどうするの?

食べるんです。食べへん、食べへん!

他にも、しらすを三枚おろしにしたり、
茹でたとうもろこしを一列ずつ食べたり、
食べたたこ焼きの中のたこを
一度口からペッと出し、
それを集めてつまようじに刺し、
たこ串として食べたりしていました。

汚ねぇ〜なぁ〜!

なんだか地味で危ない人のようですが、
ぶどうは1粒ずつ食べないで、
一度に何個も口に入れ、
口の中で皮と種、実を分け、後で皮と種だけを
ペッと吐き出すほどの豪快な男です。

どこがやねん!

ほなね!

ええぇぇぇ〜〜〜〜〜!

posted by 遊酔 at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

大とろ2枚のせの衝撃。

息子が保育所に通っていた5歳くらいの頃。

「回転寿司おごって!」と言ったら、
「いいよ!」と答えたので、
有り難く夫婦でおごってもらいました。

相手が5歳児なんで、
私は遠慮して30皿は食べませんでした。
優しいパパです。

おごることを止めなかったママも立派です。

私たちは、
世の中の厳しさを教えることに熱心なんです。

えっ、意味がわからないって?

いいんですよ、美味しかったから。

??????

「ごちそうさまでしたぁ〜」と言ったら、
息子も「ハイハ〜イ!」とニコニコしていたので、
それで良し。

アーッハッハッハ!

最近ぜんぜんおごってくんないけど。ケチッ!


回転寿司と言えば、
忘れることのできない素晴らしい想い出があります。

それは、スシローの「大とろ祭り」での出来事。

レーンを見ていると、
「おっ、大とろが来たな。
 よし、あれをゲットだぜ!」。

おやっ? もしかして? おぉ〜!
あれは絶対にいただかねば。

私は焦っていた。誰かに取られるかもしれない、と。

無事、私の手前にやって来た大とろ1貫に感激し、
かつ興奮を抑え切れない思いで皿を取り、
すばやく口にパクッ!

う〜ん、とろ〜り、てろ〜ん。
ビューティフル! ワンダフル!
エキサイティング!

素晴らしきかな、この時間。この人生。
幸せ〜〜〜〜〜。

そして、口の中のものがすべて無くなってから、
嫁はんに言いました。

「いまの大とろ、2枚のってた!」。

嫁はん
「ええぇぇ〜〜、ズルい、キタナい、いいなぁ〜、
 なんでやのん、腹立つ!」。

そうです。これは黙って口に入れなければ
嫁はんに取られる、と踏んだ私は、
無言で食べたのでした。

セコいと言われようが、男じゃないと罵られようが、
これは絶対に口に入れたかった。

ほんと、幸せな想い出をありがとう!

私は強運の持ち主かもしれません。

この運をあなたにも授けてしんぜよう。

1回の祈祷で、本来なら3万円のところ、
今回は読者限定特別価格の3千円でどうじゃ。

私が祈れば、大とろが2枚のって来るのじゃ。

ここで、賢い読者はピピッとひらめく。

大トロ1貫を2皿取って、
1皿分のネタをもう1皿にのせれば、
2枚重ねになります。

私に3千円払わなくても、数百円追加すれば、
あなたにも幸せは訪れるのです。どう?

やってみてねぇ〜。

posted by 遊酔 at 10:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする