2017年07月15日

カニが食べたい。

道端に「モクズガ二」のご遺体があった。

我が家のアホ犬コロンはクンクンしたけど、
知らんぷりで通り過ぎた。

随分前だけど、山の中なのに、
なぜかズワイガニの殻があった時は、
パクッとくわえて逃げようとした
コロンの飼い主、遊酔です。

その動きがむちゃくちゃ素早かったので、
可愛かったですよ。

海のカニの方が好きなんですね。私もそうです。

大昔、北海道で
三大ガニの食べ比べをしたことがあります。

毛ガニ、ズワイガニ、タラバガニ。

毛ガニは通好みなのか、クセが強いので、いまいち。

ズワイガニは、あっさりしていて、
どれだけ食べても飽きない味。

タラバガニは、しっかりとした肉で、甘みが凝縮。
三大ガニでは一番美味しかったと思います。

しかも、太いので、
カニを口いっぱいに頬張る幸せを体験できました。

…………ハァ〜。
幸せだったなぁ〜、あの頃。

カニ、カニ、カニ、カニ………蟹江敬三?

はぁ?

せめて、3年に一度くらいは、
タラバガニを食べたいです。

たまに、歌を唄ってしまうくらいに、
思い焦がれています。

♪タラバ 地球よ 旅立つ 船は〜♪

ドテッ!

そうそう。最初に登場した
「モクズガ二」というのは、
グーグルで調べればわかる特徴で、
うちの横の川にも結構います。

もらって食べたことがありますが、
ん〜ん、どうでしょう?
と、長嶋茂雄になってしまいます。

好きな人にはたまらないらしいのですが、
うちもお金がたまりません。

なんとなく毛ガニに似たクセがあるように思います。
やっぱ、通好み?

甲羅が7〜8センチくらいなので、
川ガニとしては大型ですが、
あまり食べるところがないんです。

まぁ、味噌汁のだしとしてなら、いいカモメ?

どこどこ?

ハーバーに!

散髪屋さんか?

それ、バーバー!

ジャイアント?

馬場!

モクズガ二は、小さいのに
一杯500円くらいはするらしいので、
それだけ好きな人が多いんでしょうね。

私は、同じ川にいる「手長エビ」の方が好きです。
唐揚げにすると、やたらと旨いんです。

数年前までは、よく獲って食べていました。
でも、いまでは獲りに行くのさえ面倒で。

妙に田舎慣れしたというのか。
ダメですねぇ〜。

都会人的興味を持たなければ……。

posted by 遊酔 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

エアコンが欲しい。

昔、タンポポが食べられると聞いて、
葉っぱを天ぷらにしたら、美味しかった。

後で、山菜図鑑を見たら、
それは「ノゲシ」という草だった。
ゲローーーッ!

でも、ノゲシも食べられるものだったので、
ひと安心。
野草・山菜には、注意しましょう。

命拾いしました。

だって、黄色い花が似てたんだもん。

よく見れば、背丈が違うのね。アーハー。

私は?

アーホー!

いやぁ〜、照れるなぁ〜。


ところで、暑いっすね。
ところてんは、冷たい方がいいっすね。
温かいのは、知らないけど。

あなたは、黒みつ派? それとも酢じょうゆ派?
私は、酢じょうゆ派です。

っていうか、大人になるまで、
黒みつで食べるなんて、知りま線香花火。

試しに食べてみたら、
これが私のお口に合いま線香花火。

いっしょかい!

練乳をかければ、美味しい鴨南蛮
(ぜんっぜん関係ないなぁ)。

でも、これだけ暑いと、
ところてんでは「涼」が取れま線香花火。

もう、ええ!

かき氷、アイスキャンデー、麦茶、
すいか、風鈴、金魚……
そんなもので暑さがしのげる気温じゃない。

何もいらないから、エアコンのある部屋にいさせて。
私の部屋に、エアコンは無い。

たら〜り、じと〜、べちょ〜。
沸騰寸前、危機一髪。グタ〜ッ!

この暑さを吹き飛ばすためには、
  :
  :
  :
汗をいっぱ…暑い
  :
  :
  :
ドバーッ…暑
  :
  :
  :
バタンッ!(倒れた)
  :
  :
  :
汗をドバーッとかくと、倒れてしまう私です。

ゴホッゴホッ。ひ弱なもので、苦労をかけるなぁ。

いいんだよ、おとっつぁん。
私が矢場で働くから、なんとかやっていけるよ。

なんて優しい子なんだ、お前は。

ゴホッゴホッ。
ゴホンと言えば、龍角散だなぁ。

何を冗談言ってるんだよ、おとっつぁん。

ゲロゲーロ、ゲロゲーロ。

それは、青空球児・好児だよ。


ここらで、勘弁しといたら。

矢場(やば)というのは、
江戸時代の気軽な弓道場です。
まっ、娯楽施設です。

そこに、新桃太郎は居候しています。
って、テレビの話かい!
やっぱ、桃さんは高橋英樹よねぇ〜。

ひとーっつ、人の世、生き血をすすり。
ふたーっつ、不埒な悪行三昧。
みーっつ、醜いハゲがある。
よーっつ、よこちょにハゲがある。
いつつ、いつでもハゲがある。
(………ここのつ、まで続く)

とおーっ、で、とうとうハゲ茶瓶!

おそまつ!

posted by 遊酔 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

ウシの爪切り。

んんぅ〜〜〜っと、伸びをした後、
「デビル、ウィーングッ!」と、
動作をつけながら言ってしまうのは、私だけ?

あくびを「あぁ〜〜〜〜」とした後、
「ごきげーんさんっ!」と言ってしまうのも
関西人の私だけ?

吉本新喜劇・平参平のギャグです。知らないか?

いつもながら、自分でアホーだと思う、遊酔です。


しかしまぁ、なんですね。
暑いと、料理もしたくないですよね。

暑いからって、麺類にしようと思っても、
麺を茹でるのが暑いがな。

カップラーメンで済まそうと思っても、
食べるのが暑いがな。

ごはんを炊こうと思っても、米洗うのが暑いがな。
米に汗が入るし。汚いなぁ。

しゃーないから、買い食いしようと思っても、
外出るのが暑いがな。

我慢して、スーパーに行っても、買う金が無いがな。

もう、ええ! それなら、食うな! ってか?

へ〜い、ほ〜い、わっかりやしたぁ〜。
(ナメとるなぁ)

とは言うものの、
食わねば、私の唯一の欲望が満たされぬ。

食欲の四季なのに、食わぬわけにはいかぬ。

だから、簡単なものしか作っていません。
って、いつもそうか。

だって、面倒なこと、嫌いだもん。

「何言ってるのよ、遊酔ちゃん。
 面倒なことはウシでもするわよ」

せえへん、せえへん。

昔、「遅いことはウシでもするで」って、
言われませんでしたか。

そんなことはあらへんやろぉ〜!
って、ツッコミませんでしたか。

ウシが洗濯するか? 柔軟剤使うか?

ウシが買い物カゴぶら下げて、八百屋の前で
「おっちゃん、人参まけてぇなぁ。
 お隣のウマさんにあげるんやからぁ」
って、言うか?

ウシが爪切りするか?

「お腹がつかえて、うしろ足の爪、
 切られへんなぁ〜。あぁ〜、しんど」
って、言うか?

………誰か、私を止めてください。

posted by 遊酔 at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

シティファーマー遊酔。

あるCDを手に入れました。

「Utahime Jazz Best」。

山口百恵、松田聖子、中森明菜の曲を
ジャズにアレンジしたCDです。

これが、素晴らしくいい。

松田聖子の曲なんか嫌いだけど、
ジャズになると、ワンダフル、
ビューティフル、エキサイティング。

ホテルのバーで、ドライマティーニを片手に
聴いている気分になります。

ドライマティーニ、飲んだことないけど。

えっ、飲んだことあったっけ?

知らんがな!

昔は、バーにもよく行ったもんです。

それがいまでは、近所のおばあと立ち話。アハッ!

プールバーにも行っていたけど、
いまじゃ小学校のプールしかありゃしない。

ライブやコンサートにも行ったけど、
町の交流センターにやって来るのは、
誰や、それ? という人ばかり。

それがイヤだって、言ってるんじゃないですよ。

その代わりに、小鳥たちが音楽を奏で、
夜空のスクリーンには、誰よりも美しく輝く、
スターたちが舞っています。

川のせせらぎをBGMに、
お酒をゆったりと楽しむこともできます。

これほどの贅沢を味わうことなど、
都会ではできませんからね。

どちらがいいか悪いかという問題ではありません。
どちらを望むか、です。

私はどちらも経験しているので、
はぁ〜幸せ者だでな。

何で、訛っとんねん。

てなことで、一件ロッキーチャック!

♪しっぽの歪んだ 山ねずみ
 一番はじめに 見つかった♪

間違ってるけどな。

posted by 遊酔 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

作り方を忘れた「すき焼き」。

何年ぶりかで、
すき焼きをするという暴挙に出ました。

で、作ろうと思ったら…………
思い出せない。??????

すき焼きって、何が入っていたんだろう。

えっ、うそ〜。情けねぇ〜。
すき焼きの具も忘れてしまうほど、
わが家は貧乏だったのかぁ〜。

はよ、気づけよ!

仕方ないので、料理の本で調べたんですよ。
本当に、情けなかった。

なんとか材料を揃えて、
美味しくいただきました、とさ。
めでたし、めでたし。

フ−ッ、旨かったぁ〜。

が、本当は焼き肉の方が好きなんですよねぇ。
焼き肉、喰いてぇ〜! と思ってみても、食べられない。

そこで、焼き肉の歌がわが家に流れます。
って、私が唄っているだけですが。

ドリフの“ババンバ、バンバンバン”という、
温泉の歌を使います。
あれ、何て言う歌?

♪ビビンバ、キムチッ(ア、ビバノンノン)
 ユッケジャン、ナムルッ(ア、ビバビバビバ)
 カルビにロースッ(ア、ビバノンノン)
 バラにセンマイッ(ハァーア、ビバノンノン)←A
 食べたいなっ、ハハハン。
 食べたーいなっ、ハハハン。
 煙がモークモック、うーまーそぉ〜だっ。
 喰いてぇーなっ、ハハハン。
 喰いてぇーなっ、ハハハン。
 ここは「牛角」、やーきーにくやっ。

 (Aを繰り返し)

 (タータータータッ、タァ〜)♪

  また、こんどぉ〜!(カトちゃんのセリフ)

 (いつなんだよぉ〜?)←遊酔ちゃんの嘆き。

さぁ、みなさんも、
地元の焼肉屋さんの名前で唄ってみましょう。

明日への活力が湧いてきます。

んなことあるかい!

posted by 遊酔 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする