2017年06月30日

シカも山から落ちる。

朝早く散歩していると、
とても気持ちいい風が吹いています。

静かに秋ですね。
そんな時は、歌を口ずさんでしまいます。

♪まずぅーしさにぃー、まけたぁ〜〜〜〜〜〜。
 いいえぇ、せけんにぃーまけたぁ〜〜〜〜〜〜♪

くら〜〜〜! でも、好きな曲なんです。

なんだぁ、遊酔ちゃん、
ほんとはネクラなんじゃないの?

そうです。
めっちゃ、くっちゃ、くーーらいで〜〜すっ。
って、どこがや?

そうそう、きのうの朝散歩
(朝散って、朝シャンみたい。どうでもええ!)
している時、すっげぇもの見たんですよ。
うちのすぐ近くで。

道路の横が崖なんですが、
石がパラパラ落ちて来てたんで、
「ゲロッ、崖崩れの前兆でありますか?」と、
ケロロ軍曹の顔しながら、
離れたところから見てたんですが、
どうも違うようです。

ガサゴソ動きます。

これは動物だな、と思って近づくと、
「クークックック、これはデカイぜ。
 イノシシってやつか?」
と、クルル曹長の笑い方で思ったのですが、
「ちがうですぅ〜、あれはシカのオスです、
 軍曹さ〜ん」
と、タママ二等兵になって言ってみました。

よ〜く見ると、二頭のオスが角をつき合わせて、
戦っていたのです。

その迫力といったら、すげぇ。

「これが、男の戦いというものだ」と、
渋くギロロ伍長を気取っていたら、
ドタドタドタ〜ン!と、
二頭のシカが道に落ちて来たのです。

「あぶないでござるなぁ。
 これがペコポンのシカでござるか」
と、のんびり存在感のない
ドロロ兵長をやっている場合ではありません。

(ケロロ軍曹を知らない方には申し訳ない)

私の2〜3メートルほど前の出来事だったのです。

きゃ〜〜〜っ、どうしよ?

でも、なんだかビビリませんでした。
ゆっくり観察してしまいました。

たぶん、奈良公園で人慣れしたシカを
何度か見ていたせいだと思います。

シカせんべいは、味がない。
もう少しを塩を効かせて欲しい。

それが、近くで見るとすっげぇデカイの。

思わず、頭の中に「シカ刺し」という言葉が
浮かんでしまいました。

でも、捕まえる勇気も解体する勇気もありません。

一頭のシカが逃げ、一頭が追う。

道路をうちとは反対方向に
走って行ってしまいました。

「あぁ〜〜、ええもん見してもろたわぁ」
と、田舎のおばやんになったのでした。

嫁と息子にも見せたかったのですが、
呼びに行く時間がなかった。
あっという間の出来事でした。

posted by 遊酔 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

サルなのに……。

自然の中でのんびり暮らしているはずの
動物たちにも、
悲しい時、淋しい時があるようです。

そんな気持ちを歌にしてみました。

柏原芳恵の「春なのに」の曲で。

♪群れを追われるのが理由でしょうか
 会えなくなるねと 右手を出して
 さみしくなるよ それだけですか
 むこうで友だち できるといいね
 立ちサル君を 微笑みで
 送りたいけれど

 サルなのに お別れですか
 サルなのに 涙がこぼれます
 サルなのに サルなのに
 ため息 またひとつ〜♪

サルの世界も大変だねぇ〜。
ひとり涙する遊酔です。

posted by 遊酔 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

さらば、若さよ!

宇宙戦艦ヤマトの曲で唄ってください。

♪プルルンプルルン プルルプープル
 プルルンプルルン プルルプープルプー
 (イントロ)
 
 さらばコラーゲン 旅立つ若さ
 もうすぐ中年 ヤバい
 遥か彼方 美肌の国へ
 運命変える ために行くわ
 必ずここへ 帰ってくると
 手を振る若さに 涙で叫ぶ
 あなたを追って 美肌の国へ
 はるばるのぞむ
 もうすぐ中年 ヤバい〜♪

もうすぐ中年を卒業する遊酔です。

posted by 遊酔 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

わが町ご当地グルメ。

風呂場で石けんを泡立てて、顔半分に塗った。

アシュラ男爵になるかと思ったのに、
顔半分が小梅太夫になっただけでした。

「日本全国ご当地スーパー 掘り出しの一品」
という本が面白そうです。

それによると、私が昔から知っていて、
てっちり全国的な、
てっきりや! 何でフグやねん!
お菓子だと思っていた「満月ポン」が、
大阪のご当地ものだったのには驚きました。

そう言えば、「ぼんち揚げ」が
関西だけのものだと知った時もショックでした。

関東で言えば、
「歌舞伎揚げ」と同じようなお菓子です。

こんな風に、全国版だと思い込んでいても、
地元だけのものだってことは、結構あるようです。

まぁ、“ご当地もの”が流行っているので、
これを機会に全国展開を狙うってのも、
いいじゃなぁ〜い!
by高松しげお。

で、わが地方にはどんなものがあるのかを
ググってみたら、ショボッ!

お菓子はなかったので、グルメをご紹介します。

ひとつめは、「はまキャベツスペシャル」。

お好み焼きにタルタルソースを大量に塗りたくって、
な、な、なんと、上にキーウィをのせていました。

いくら変な料理を考える私でも、これはゲロゲローです。

タルタルまでは許せますが、キーウィかよ! です。

ふたつめは、「せち焼き」。

焼そばを玉子だけで固めた、モダン焼きもどきです。
味は簡単に想像できますし、面白くありません。

みっつめは、わが町の「ほろほろラーメン」。

ほろほろ鳥って、知ってます?

これくらいの大きさで、
カタチはこんな感じで、模様がこんなんです。

わかるかい!

フランス料理でよく使われる食材です。
わが町の隠れ過ぎた特産品なんです。

知られてないんかい!

そのほろほろ鳥のスープと
チャーシューを使ったラーメンなんです。

ほろほろ鳥ののったうどんは食べたことがありますが、
「ふ〜ん!」でしたけどね。

でも、スープもほろほろ鳥だとすると、
味は想像できません。

一度食べてみようかとも思うのですが、
ちょっと地元愛が欠けていて、
マズかったらお金がもったいないし、
と思っています。

あまり期待できるお店じゃないもんでね。

シィーッ! 田舎やから、悪口言うたらすぐに伝わるで。

ほんまやなぁ〜。
内緒やで。

田舎では、内緒やでと言っても、
50人くらいには知られてしまいます。

田舎暮らしを夢見ている方は、ご注意ください。


てなことで、わが地方には
いまいちご当地グルメがありませんでした。

そろそろ、私の出前ですかね。

って、遊酔ちゃんを持っていくの?

出番や!

ほんじゃ、何か考えてみますか。
いつになるか、わかりませんが。

posted by 遊酔 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

サモハン・キンポーなお腹。

中学生の頃、友だちと初めて観に行った映画は、
「燃えよ!ドラゴン」。

すぐにプラスチックのヌンチャクを買って、
練習しました。

何事にも影響を受けやすい性格です。

しばらくは、“アチャ〜!”な毎日でした。

ノドが渇いたら「オチャー!」。

お風呂に入っては「アチャー!」。

トイレに入ったら「クチャー!」。

道を尋ねられたら「アッチヤー!」。

そんなことはありませんでしたが、
それくらいカブれていました。

ヌンチャクは捨ててしまいましたが、
いまでもタオルをヌンチャク代わりにして、
「アチャー!」しています。

でも、体型がブルース・リーではなく、
サモハン・キンポーになってしまいました。

そう、「燃えよ!デブゴン」。

なかなかウマいオチがついたとご満悦。

posted by 遊酔 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする