2018年05月23日

私って、小さい?

私は時々、嫁はんに
「ちいせぇ男やなぁ〜」と言われることがあります。

罪な男だぜ!

何、言うとんねん!

たとえば、
「私はチャーシューメンを注文できない」という話。

人生56年間に、
チャーシューメンを頼んだことは、1回こっきり。

手に汗を握り、心臓をバクバクさせ、
めっちゃ勇気を振り絞って、
「チャ、チャ、チャーシューメンをください」
と言ったんです。

その時のどきどき感がトラウマになり、
それ以来食べたことがありません。

どうして、注文できないのかって?

チャーシューメンって、
すんごぉ〜〜〜〜〜〜〜く贅沢だと思いませんか。

ラーメンだってチャーシューは入っています。
とりあえずは食べられるんです。

なのに、150円とか200円とか、
上乗せするんですよ。

そんな贅沢って、ありますか。

そりゃあ、食べたいですよ。
麺が見えないほど、
ずら〜〜〜〜〜り並んだチャーシューには憧れます。

チャーシューの食べるタイミングで
悩むこともありません。
夢のようです。

ラーメンだと、いつ食べるべきか迷ってしまいます。

とりあえずはスープを飲んで、麺をすすって、
次にいきたいところだけど、
ここは我慢して、メンマを食べる。

また、麺をすすり、「ここか?」と悩みながらも、
まだまだ早いと自分に言い聞かせ、ナルトをパクッ。
また、スープ。

麺を噛み締め、
「さぁ、いよいよかな?」と箸を伸ばすが、
「待てよ、2枚しかないチャーシューを
 ここでいっては、後が淋しくならないか」と、
冷静になるものの、
「ここでいかなければ、他のお客さんから、
“セコい”と思われるかもしれないなぁ〜」と、
食べる理由をつけて、エイヤァー! と、
3分の1ほどを噛んでみます。

自分でもセコい食べ方だとは思うが、
後のことを考えると仕方がない。

たとえ3分の1でも、幸せを感じる瞬間です。

こんな感じで、ラーメン1杯に疲労困ぱいしながら、
食べ進んでいくのは、なかなか楽しいけれど、
辛いものもあります。

そして、フィニッシュを迎える時に、
ほんの少し空しさを感じるんです。

チャーシューは最後にしたい。
でも、それはあまりにもセコい。
誰かに知られては、
人生に汚点を残すことになります。

だから、最後はスープにしなければならない。
無念!

だったら、その前がチャーシューになるのか?

いや、それではスープを飲んでいる時に、
チャーシューが透けて見えてしまう。

他のお客さんに気づかれるので、
麺は残しておかなければならない。

なので、スープの前は麺になります。

つうことで、その前がチャーシュー。

あぁ〜、最後から3番目。
これでは、食後の印象が薄くなる。

チャーシューメンを頼めば、
こんな面倒なことを考えなくてもいいんです。

いきなりチャーシューを食べる、
という暴挙に出ることもできます。

最後から3番目に食べても、
途中でたくさん食べているから、
印象は強く残っています。

幸せを感じながら、箸を置くことができるんです。

でも、ドンドンドン(机を叩く音)、頼めない。

貧乏人として生きていると、
贅沢を知るのが恐いんです。

150円、200円で、
他に何が買えるかを考えてしまうんです。

チャーシューは少ないからこそ、
有り難みがわかるんじゃないのか、
と、自分を正当化してしまいます。


そんな私を「ちいせぇ男やなぁ〜」と、
嫁はんは言うんです。

私って、小さい?

充分に小さいわよ!

カクンッ!

posted by 遊酔 at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

私を大好きな愛犬コロン。

犬の顔をジーッと見ていると、つい笑ってしまう。

だって、顔中、毛だらけだもん。
ギャーッハッハッハ!

犬にとっても失礼な私です。


わが家のバカ犬コロンは、私のことが大好きです。

私が行くと、大喜びで近づいてきます。
30センチ手前までは。

そこからゆっくりと顔を近づけるのですが、
腰は引けています。

すぐに逃げられる態勢を取ったまま、
顔を近づけるんです。

そう、私を信用していません。
何をされるかわからないと思っているようです。

正解!
君はよくわかっているねぇ〜。


私の顔をコロンの顔にスリスリしようとすると、
コロンは顔を背けます。

だから、私は何もしないって。ヘヘッ!


前足を掴んで、しゃがんだ私の顔の高さに、
コロンの顔を持って来ると、
耳を後に向け、遠くを見つめます。

何がそんなに辛いんでしょうか。

人間の子どもと話す時は、
子どもの目の高さにしゃがんで話せば、
仲良くなれます。

それと同じように、
コロンと目の高さを合わせてるんですが、
やつは目を合わそうとしません。

わしゃ、サルか!

目を合わせると危ない
とでも思っているんでしょうか。

ハハッ、お前はまだ甘いな。
目を合わさなくとも、私は何かをする。

顔を左右に引っ張って、コリーにしたり。

頭のてっぺんを引っ張って、モヒカン。

鼻を上に向けて、ブルドッグ。

私も忙しい中、いろいろと遊んであげています。
ほんと優しいご主人さまだと思います。

コロンも楽しいのか、
されるがままでじっとしています。

えっ、ほんとはイヤだけど、
ご主人さまだから我慢してるんだって?

ピンポーン!

でもね、私たちはほんとに仲良しなんです。
ガキ大将と子分のような関係なんです。

コロンを守るかわりに、
ちょっとだけ遊ばせてもらっているんです。
それでいいんです。

関係無い人が見ると、
イジメているように見えることでも、
犬は遊んでもらっていると思っています。
これ、ほんと!

言っときますが、
本当にイヤがることをしているわけじゃないですよ。

ちなみに、“高い、高い”はイヤがります。

“ブーランコ、ブーランコ”もイヤがります。

やっとるやないかい!

シーーーッ!

posted by 遊酔 at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

私をナメている愛犬コロン。

散歩途中の隣のゴン(犬)は、
私が「おいで!」と言うと、嬉しそうに走ってくる。

散歩途中のわが家のコロン(犬)は、
私が「おいで!」と言うと、
急いでやって来て、私の横を走り抜ける。

完全に私をナメている。

家にいる時は、いうことを良く聞いて、
なかなか可愛いやつなんですが、
散歩に出ると犬が変わります。

ゼィゼィ、ハァハァ言いながら、引っ張ります。
首が締まって苦しいはずなのに、やめません。

しつけ方は知っているんですが、
一生繋がれた犬生を思うと、
散歩の時ぐらいは好きなようにさせてやりたい、
と思ってしまうんです。

そうです。私が甘いんです。どうも、すみません。

嫁はんにも「あんたが甘やかしたからや!」と、
怒られています。

だって、可愛そうじゃん!
一日中、繋がれているんですよ。

コロンは、おもちゃでひとり遊びしないしね。

寝てるか、「なんか、ちょうだい!」
という顔をして、家の中が見える場所で、
じっと座っているだけなんです。

退屈過ぎます。

たまに、虫を追い掛けて、
飛び跳ねてますけどね。

私がコロンなら、耐えられません。

もっと山奥の一軒家なら、
放し飼いにしてやれるんですが、
いまの場所では無理です。

人を怪我させるかもしれないし、
車にひかれるかもしれませんから。

アホ犬なんで、放したら、
家に帰って来ない可能性もあります。

もっと遊んでやればいいんですが、
貧乏なわりに忙しいんで、
なかなか相手をしてやれません。

あっ、でも、腹が立つんで、
遊んでやらないこともあります。

散歩から帰って、ごはんをあげて、
器を洗っていると、
とっとと小屋に入ってしまうことがあるんです。

「お前、それは無いやろ。
 お前の世話してるのに、失礼なんちゃうの。
 ちゃんと待っとけよ。なぁー!」

と、コロンに言うと、
プイッと横を向いてしまいます。

このクソ犬が! めっちゃ腹立ちます。

おまけに、カッカッカッカッカッと、
かゆいところを掻いてるんです。

その態度に、
「あぁ〜、もう遊んだらへん!」となるんです。

さらに、アクビまでしますからね。
「ナメんなよ、こらっ!」です。

犬のアクビは、
緊張している時に出ると言われていますが、
こいつは絶対に違うと思います。
確信があります。

普段いじめられているんで、
その仕返しだと思います。

あっ、私が悪いのか?

まぁ、いろいろとちょっかいを出していますからね。

その話は長くなるので、またいつか。

posted by 遊酔 at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

静かなゴールデンウィーク。

世間はゴールデンなウィークらしいが、
エブリバディ、みんな、
ホエア、どこかに行くのかい?

ミー、おいらは、いつもと同じさ。

みんなが動く時には、じっとしている。

みんなが静かになった頃に、じっとして、
また、みんなが夏だ夏だと騒ぎ出したら、
おいらもじっとしているんだ。

ずっと、じっとしてるんかい!

だって、金無いじゃん………
(誰も何も言わなくなり、哀しい空気が流れる。
 どこからか音楽が……)

♪ドンドンドン トコトット ドドンドドン
 タラッタラァ〜タ タッタタタタ
 タッタタタタ タッタァ〜
 タラッタ タラタタッタタッ
 タラタッタ タラタラ
 タラタッタ タラタラ
 ひとつ人より 力持ちぃ〜
 ふたつ故郷 後にしてぇ〜♪

って、いなかっぺ大将かい!
悲しないやん!

明るく行こうぜ、ベイベー!

だいたい、マスコミが悪いねん。
ゴールデンレトリーバーが、なんだかんだと。

ウィークね。

みんながみんな、
楽しみにしてるわけちゃうんじゃい。

働かなあかん人も多いし、
遊ぶヒマも金も無い人もいっぱいや。

そんな人の気持ちを無視して、騒ぎ過ぎなんじゃ。

空港に行っては、旅行者にインタビュー。

「ハワイでゆっくり寝て、あとはゴルフ」

アホかお前は。寝るなら、家で寝とけ。

ゴルフする顔か!
いまに、リストラされるぞ。

……と、テレビを見ながら、すさんでいく私。

心を大きく持ちましょう。

♪人生いろいろ(ポッ) 男もいろいろ(ポッ)
 女だっていろいろ 咲き乱れるわ♪

テレビを見なければいいだけです。
でも私はテレビ好き。

♪どうすりゃいいのさ この私 夢は夜ひらく♪

って、お願いやから、昼間にひらいて。

あっ、また替え歌浮かんだ。

ゲゲゲの鬼太郎で。

♪朝は寝床で 運動会♪ うっとうしいわい!
♪夜は墓場で グーグーグー♪ 普通やないかい!


つうことで、黄金週間は、
自分を輝かせるために、勉強しましょう。

決して、
「頑張っている自分にご褒美」などといって、
のんびりするんじゃない。

それほどあんたは頑張っていないし、
まわりも認めていない。

勘違いしてはいけません。

と、人には厳しい私。
あぁ〜何して遊ぼかなぁ〜と。

posted by 遊酔 at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

私はうるさい?

うがいをしながら、
ゴースト・ニューヨークの幻の
テーマ曲を唄っていたら、
「うがいまで、うるさいんか!」
と、嫁に怒られた。

「ぎぐがぎ、ぐがぎがんが、げぎぐが!
 (静かにうがいなんかできるか!)」

と、抗議したけど、
「何、言うとんねん!」で終わってしまった。

うがいは、大きな声を出す方がいいそうです。
ノドの奥まで、洗浄できるからです。

つまり、私は正しい。

みんな、うがいをしながら、唄ってみよう!

失敗すると、命が危ないから、気をつけてね。

って、そこまでして唄うんかい?

へぇ〜えぇ〜!(丁稚さん風に言う)


丁稚さんと聞いて、何を思い浮かべますか?

「番頭はんと丁稚どん」が出てきた人は、
そこそこ年配さんですね。

「あっちこっち丁稚」の人は、比較的若い年中さん。
って、幼稚園児かい!

「あかんたれ」を浮かべた人は、マニアです。
志垣太郎ファンですね。

♪通りの角から、三軒目〜♪

私は、主題歌が唄えます。

えっ、そんな番組知らないって?

昼のドラマですよ。知らんのぉ〜?

知らんわなぁ〜!

これで、終わっとこ。

ええぇぇ〜〜〜!

posted by 遊酔 at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする