2020年01月24日

明るい話をしましょう。

なんかこう、明るい話はないですかね。

ドッバーって、
鼻からめっちゃ赤い血が出よったでぇ〜!

誰が、鼻血の話を明るくせぇと言うた?

明るい鼻血!

違うがな! 明るい話!

重たい石やと思って持ち上げたら、
意外とそうでもなかった。

あっ、軽い、話!

ドテッ!

太川陽介の赤ちゃんか?

ルイルイの赤ちゃん、赤ちゃんルイルイ、
赤ル……もう、ええな!

♪○○○ナショナル ○○○ナショナル
 みんなうちじゅう なんでもナショナル〜♪

○○○を埋めよ。

明るい!

正解!

で?

明るいと言えば、小さな子ども。

小さな子どもと言えば、最近、三輪車を見ませんね。

山口百恵の歌にもなっているのに。

♪緑の中を走り抜けてく まっかな三輪車〜♪

道路も危ないし、
公園も変なやつがウロウロしてるしね。
遊ぶところがありませんねぇ〜。

私、結構得意なんですよね、三輪車こぐの。
速いすよ。競争してみる?

誰が58歳のおっさんと三輪車競争すんねん!

まぁ、そうね。

posted by 遊酔 at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

名物を創ろう。

♪静かな湖畔の森の陰から、
 もう起きちゃいかがと、コケコッコォ〜♪

うるさいなぁ、朝早くから。

そう言えば最近、
近所のニワトリが鳴かなくなったなぁ〜。

おっさん、食っちまったね。

そんな田舎暮らしを満喫しています。

ちなみに、湖畔ではなく、川の横に住んでま〜す。
庭から釣りができるんです。

でも、サバやアジ、タイは釣れないので、
あまり食卓は潤いません。

田舎と言えば、郷土料理。

食いもんのことしか、頭にないんかい? ハイ!

私の町には、郷土料理と呼べるものはありません。
つまんねぇの。

ほんとに聞いたことも見たこともないんです。

婦人会みたいなところが、
いろいろ作っているようだけれど、
“これだ!”というものがない。

仕方が無い。私が考えてあげよう。

提案料100万円でどうよ。

えっ、高いからいらんてか。
じゃあ、1000円。

突然安くなるのね。

なにっ、それでもいらんの。

お願いやから、使って。1000円あげるから。

なんのこっちゃ!

名物に食べるものがあるっていうのは、
大きいですよね。
それだけを目当てにお客さんが来ますから。

カニの季節には、
京都・兵庫・鳥取の日本海カニカニライン。
(私が名づけた)

伊勢海老・あわびの伊勢・志摩。

フグじゃなくてフクだとうるさい山口県。

お好み焼と焼そばを一緒にしちまって、
こりゃいったいどっちなんだ、
でも美味しい広島焼を生んだ広島。

いわしとサバのだし粉と青のりをかけて、
駄菓子屋でも食べられるおでんの静岡。

ぎょうざの銅像まで建てて笑いをつかむ宇都宮。

地元の人だけで安く楽しんでいたのに、
有名になったからって、
高くしやがった、ラーメンの喜多方。

ラーメン通は行かない、札幌ラーメン横丁。

ふわっとトロッと美味しいけど、
地元では玉子焼って言うの!
とおばさんのこだわりがうるさい明石焼だけど、
タコの産地なんだから、
明石たこ焼かなんかの方が
わかりやすくて有名になるぞ、な明石。

市場(しじょう)で売っている量より、
なぜか生産量の方が少ない牛肉の松阪。

あ〜疲れた。まだまだあるぞ〜。(また今度ね)

てな具合に、美味しい名物を作りましょう。
私がコンサルしますよ。

「私に電話してください。どぞ、よろしく!
 ♪スタイリィー、スタイリィ〜♪」

古すぎて、誰もわからんやん。

posted by 遊酔 at 10:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

坊主への愛。

中森明菜の「セカンド・ラブ」より。

♪恋も二度目なら 少しは坊主に
 愛のメッセージ 伝えたい

 あなたの法衣の 袖口つまんで
 お経読むなんて

 南無阿弥陀仏 南無妙法蓮華経
 南無大師遍上金剛 言えない

 泣きながら 唱えるわ イヤなのよ
 私は キリストの子ども

 せつなさの スピードは高まって
 とまどうばかりの私♪

posted by 遊酔 at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

名作ドラマを教訓に。

名作ドラマを振り返ってみたいと思います。

ドラマが、私たちの暮らしに
どんな影響を与えているのかを検証します。

♪ターラァー タラララララァー
 タラッタラァー バカバカバァーン♪

という音楽が聞こえてくると、
みんなで横一列に並んでしまう、「Gメン75 」。

古っ!
そこから、振り返るの?

いまでも、たまにやりますよ、横一列。
と言っても、私ひとりだけど…。

アホやがな!

「月に吠える=萩原朔太郎」を
覚えるキッカケになった、
「太陽に吠えろ=萩原健一」。

ブラインドから外を見る時は、
ボスをやってしまうでしょ?

小さな子どもが積み木で遊んでいると、
「もう反抗期が始まったのか」という、
つまらないギャグをかましてしまう、
「積み木くずし」。

つらさに耐えることを美学に昇進させた、
「おしん」。

どれだけ“ドジでノロマなカメ”でも、
夢は叶うことを教えてくれた、
「スチュワーデス物語」。

とってもカメに失礼だけど。

同じように、太っていることを
「ブタ」って言うのも、豚に失礼です。

不倫を文化にまで押し上げた、
「金曜日の妻たちへ」。

さらに暴走した主婦は、「極道の妻たち」へ。
ドラマじゃないけど。

規格外の農産物の美味しさをアピールした、
「ふぞろいの林檎たち」。

リンゴを持つと、空に投げてしまいますよね。

細長い棒を持つと、「チャキンッ!」と言って、
人の首を刺してしまう、「必殺仕事人」。

自分は無関係だという時に、
手でピストルの形を作って、
「関係ないね」と言ってしまう、「あぶない刑事」。

同じように、無関係だということを
「僕は知りましぇ〜ん」とアピールする、
「101回目のプロポーズ」。

言葉に詰まって「え〜」と言った後に、
「古畑任三郎です」と、
取り敢えず言ってしまう、「古畑任三郎」。

お金がない時は、八つ当たりで叫んでしまう、
「家なき子」。

「同情するなら、金おくれ!」。

何で、関西弁やねん!


ってな感じで、ドラマって
本当に生活に入り込んでいますね。
すごいです。

ねぇねぇ、遊酔ちゃん。
どうでもいいけど、全部古過ぎて、
誰もギャグとしてやってないんじゃないの?

じぇじぇじぇ!

それも、古い!

posted by 遊酔 at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

お弁当屋さんのチラシで幸せに!

先日、とんでもないことをしてしまいました。

やっちゃあ、いけない。
手を出すんじゃない。
自分の立場を考えろ。
お前はそんな身分じゃないんだ。

と、自分に言い聞かせたんですが、
どうにもこうにも止められませんでした。

あぁ〜、何ということを。

信仰心はないけど、お許しください神さま、
と言わずにはおれません。

「大、大関さん弁当1つ!」

と、言ってしまいました。

570円もするんです。たった1個ですよ。

当たり前や!

しかも、私はこれだけでは足りないので、
ラーメンも一緒に食べたりします。

贅沢過ぎるやん!

あかん、心が弱過ぎる。

こんなことじゃ、
貧乏を生き抜くことなんか、でけへん。

老後まで、もたへんやん!
どうすんの?

あぁ〜、のり弁にしとけば良かった。

せめて、和風じゃこのり弁当にしとけば、
390円で済んだのに。

うわぁ〜、しばらく貧乏が続くわ。

もう何年も続いてるでしょ?

おやぁ〜、おかしいぞぉ〜。

貧乏で、脳がやられたみたいだ。

元からや!

えっ、そうなの?
知らんかった。

しかしまぁ、お弁当屋さんのチラシを見ていると、
幸せな気分になれます。

ひとつひとつ食べているところを想像していると、
マッチ売りの少女のように、
心がぽかぽかしてきます。

あぁ〜、温か〜い。
このまま私は、天国へ……。

あかんやん!

このメンチカツは、ザクッと歯の食感を楽しむと、
中からジュンワァ〜と出てきた肉汁が
口の中に広がり、
舌のまわりを旨味脂で包んでくれるようです。

ヒレカツは、サクッと噛み締めると、
余分な脂をそぎ落とした
豚肉の旨味だけを味わうことができ、
その後にとろみのあるソースと絡み合って、
白いご飯を欲する、奥深い味となっています。

幸せの妄想は、止まることを知りません。

あっ、カラマヨ丼!

唐揚げとマヨネーズという、禁断のコラボ。

他に何がいるの?
と、堂々とした自己主張をする、チキン南蛮弁当。

最強のタッグは、
のり弁当に唐揚げが入った、のり・カラ弁当。

こんな組み合わせを作ってもいいのか。

あぁ〜、私はなんて幸せな国に生まれたのか。

お金持ちになったら、毎日ほか弁を買ってやろう。
チラシを制覇してやろう。

その日まで、のり弁で耐えるんだ。

平和か!

posted by 遊酔 at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

夢は力になる。

風呂場の鏡が曇っていたので、
「山川豊」じゃない言葉を書いてみようと思った。

何も考えずに書いてみたら……

「収入」

あぁ〜〜〜〜やだ!
無意識にこんな言葉を書くなんてぇ〜。

貧乏が匂ってきそうです。

もっと他に書くことがあるやろ!

ステーキとか、アワビとか、
大トロ、てっちりとかよぉ〜。

全部、喰いもんかい!

どっちにしろ、情けない。
私は末期症状か?

いやいや、夢があっていいじゃないですか。

そんなの夢じゃないよ。

えぇ〜なんでよ。
戦中戦後の貧しい時代を生き、
「腹いっぱいめしを喰いたい」
という強い想いに導かれて、
ビジネスを成功させた人はたくさんいますよ。
立派な夢じゃないですか。

私も、ステーキ、アワビを
目指してがんばっているんです。

食べ物へのあこがれは、力になるんです。

名誉やブランド品なんて、人にはいらないものです。
だって、食べられないもん。

人生、食べられるかどうか、です。

医食同源、薬食同源という言葉もあるくらい、
大切なんです。

東国原元知事も言ってました。

「どげんかせんといかん!」
「同源化せんといかん!」

なんてな! アーッハッハッハ!

私の頭をどげんかせんといかん!

しかし、こればかりは、もう無理ですね。
58年、アホやってますから。

失敬だな、君は!

自分で言うとんのやろ!

誰がや?

あんたやがな!

誰があんぽんたんやねん。

言うてへんやん。

なんで、UFOてえへんやねん?

UFOなんて、言うてへんやん。

ほら、言うた。

言・う・て・な・い。

そら、UFOに手は無いやろ。

もう、ええわ!

萌えぇ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
乃木坂46、見に行きたぁ〜〜〜〜〜〜い!!

もう歳なんだから、ええ加減にしなさい。

あ゛ぁ〜〜〜〜〜生き返ったぁ〜!

それ、ええ湯加減や!

なんのこっちゃ!

どうして、温泉に入ると、生き返るのでしょうか。

じゃあ、いままではおばけだったの?
って感じです。

そんなこと、考えたりしませんか?

あるある! って答えた方は、私と同類です。

まぁ、無くても、
このブログを読んでいるってことは、
同じような感覚を持った仲間です。

えっ、それとも、変な生き物がいるという
物珍しさで読んでいるんですか?

私は珍獣か!

♪む〜らの珍獣の、か〜みさまのぉ〜。ホイッ!♪

さぁ、ご一緒に。





なんで、やらへんの?

posted by 遊酔 at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

僕のアイドルを探せ!

かなり前の話ですが、
「こじはるが、岡田奈々、小嶋真子と
 3人でCMに登場」
という文章を見て、ええぇぇ〜〜〜、
あの岡田奈々ちゃんがこじはると共演?
すっげぇ〜! と思ったら、
AKB48のメンバーだった。

びっくらこいたぁ〜。

♪青春は長い坂を 登るようです〜♪
と、唄ってしまいました。

少年少女のみなさんは、
あの伝説の岡田奈々ちゃんを知らないよね?
そりゃそうだよ。時代が違い過ぎる。

初めて岡田奈々ちゃんを見た時の衝撃は
ハンパねぇ〜。

なんじゃ、この可愛い子は!
日本にこんな可愛い子がいてるの?
なんて、思ったもんです。

それくらい可愛かったんです。

でも、罪なやつだぜ、この俺は。

次々に出てくるアイドルに、
片っ端から心を奪われてしまったぜ、ベイベー。

大場久美子、高田みづえ、河合奈保子、伊藤つかさ、
原田知世、伊藤麻衣子……。

そして、剛力彩芽。めっちゃ、可愛い。

と思っていたら、すぐに登場した、広瀬すず。

もう心を奪われたね。

だって、可愛いんだもんたよしのり。

♪ダンシン オールナイ 言葉がスベる〜♪

ほら、スベった。

可愛い子を見ていると、おっちゃんは幸せだ。
できれば、おつき合いしたいが、
私には愛する妻がいるんだ。

君の気持ちは嬉しいけど、
つき合うことはできないよ。

もう、何も言わないでくれ。
僕のことは、青春の想い出にして欲しい。

でも、僕には君のことを忘れさせてくれ。

たとえ一瞬でも君のことを考えるのは、
妻への裏切りだからね。

ここで、さよならを言おう。

♪さよなら さよなら さよならの大仏〜♪

♪もう終わりだね 君は元々小さい〜♪

あぁ〜、
また、くだらないことばかりを書いてしまった。

posted by 遊酔 at 11:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする